ふるふる好楽

アクセスカウンタ

zoom RSS オダギリジョー×イ・ナヨン「悲夢」初日舞台挨拶つき観ました。20090208

<<   作成日時 : 2009/02/10 00:15   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

観たい!と書いていた「悲夢」がついに公開されました。
大好きなイ・ナヨンがオダギリジョーと共演。
内容というよりも、ビジュアルがとても気になっていた映画です。
ポスターとかのイメージがとても美しい。
暗く美しい雰囲気がとても好き。
初日舞台挨拶つきの回、観に行きました。
イ・ナヨンとオダギリジョー。


画像

★「悲夢」(ひむ)(ビモン)

dream
2008年2月7日(土)より、新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー
2008年10月9日韓国公開
http://www.hi-mu.jp/
http://blog.excite.co.jp/hi-mu

狂おしいほど切ない、愛しい人に出会う夢

画像

画像


別れた恋人を忘れられない男・ジン(オダギリ ジョー)。
別れた恋人を心から憎んでいる女・ラン(イ・ナヨン)。
男は恋人を想い、恋人の夢を見る。夢の中でだけ逢える愛しい恋人。
女は夢遊病となり、男が見る夢の時間を憎い恋人と過ごす。
そして、男と女は出逢った。
運命を変えるため、二人は静かに、激しく、叶わない恋に落ちていくーー。

世界三大国際映画祭制覇に最も近い監督、キム・ギドクと、すべてのメディアで快進撃を続けるオダギリ ジョーの最新作。オダギリの相手役には『私たちの幸せな時間』のイ・ナヨン。
ヨーロッパを中心に世界で絶大な評価を受けているキム・ギドク監督と話題作の主演作が続くオダギリ ジョーによる奇跡のコラボレーションが実現した。虚構の世界を舞台に、息苦しいまでに激しいベッドシーン、どこかユーモラスなふたりのやりとり、痛々しいほど切なくも悲しい恋模様が、目を見張るほどの美しい映像ともに描かれる。

画像



監督・脚本:キム・ギドク
キャスト:
オダギリジョー
イ・ナヨン


香港で発表されたらしいポスター(?)
画像



イ・ナヨン
画像


何が目当てって、イ・ナヨンです。
オダギリジョーの映画もかな〜り観てますが、
イ・ナヨンにラブです。




私は映画を観た後に舞台挨拶がある回でした。
渋谷にて。



ひとことで言うと、そのままですが・・・、

悲しい、美しい
夢のような、
本当に、夢なのか、

現実なのか、

やっぱり夢なのか、

わからない、

そんな悲しい夢のような、映画でした。


愛しい人の夢をみる男と、
現実にそれと同じ行動をとってしまい、別れた嫌いな男に会ってしまう女。
ふたりでひとり。

不可思議な現象。

ただ、苦しくて。

悲しい。

主人公のふたりは、その独特の雰囲気が似ていて
その悲しい狂おしい美しさにぴったり。

そしてそれと取り巻いたものも美しい。

オダギリジョー演じるジンは印章彫刻師、
イ・ナヨン演じるランは服飾デザイナーという役どころ、
そしてそのアトリエを兼ねた家屋は、
昔ながらの韓屋を利用しており、
インテリアもとってもとっても素敵。
衣装もよかったなぁ。
ランのパジャマ?寝るときの白い衣装も可愛い。

昔っぽさの中に、洗練された雰囲気を醸し出して、
幻想的なこの映画に色をそえていました。

それから、後半に出てくるお寺での美しいシーン。
さすが、ギドク監督なり。

美しいは、

悲しい。


悲しいは

美しい。

観終わった後、はっきりとパッキリとした感想を言うのは難しい。
観るものにゆだねられた映画は・・・・・。


イ・ナヨン、『悲夢』PRのため6日訪日
http://www.chosunonline.com/article/20090206000051

オダギリジョー自信「いやと思うことなかった撮影」
キム・ギドク監督による主演映画『悲夢』公開
http://www.varietyjapan.com/news/movie_dom/2k1u7d00000iwjfi.html

そして舞台挨拶。
客席を通っての登場に、
私は「きゃ〜イ・ナヨン!本物〜!」と心の中ではしゃぐ。

でも最初にオダギリジョーの衣装にビビッたけれどね。
イ・ナヨンはポニーテールにした髪型。
衣装はオダギリジョーより派手じゃないけれど、
どこか二人合わせたような衣装でした。
画像

画像


なんだか立ち位置を間違えたとか、
鼻の調子が悪いとかで、
ちょっとおかしくなっていたオダギリジョーでした・・・。

「緊張半分か、なぜか昨日寝られなくて、
朝まで飲んで、寝ないまま来てしまいました。」とのこと。
まるで映画の中のよう?

イ・ナヨンへの質問は
オダギリジョーの印象や、共演してみての感想。
似てるところがあるみたいだか、どこだと思いますか?といった内容。

前から作品を見ていて、そのキャラクターが好きだった。
一緒に演じてみて、
良い緊張感をもっているところなど、見習うべきところだと思ったとか。

(ちょっと記憶が曖昧です。)

似ているところは、雰囲気が似ていて兄妹みたいと言われたとか。
性格も似ているのかもと言っていました。

オダギリジョーが、
人見知りなところが似てるかもと。
で、無理にその距離を埋めようとしないので、
それがかえって良かったとか。
今だにその距離は埋められていないとか。

うん、ふたりともそんな感じでした。
ベタベタしてないのが、「らしく」て。

ちなみにふたりとも同じ2月生まれ。
イ・ナヨンは2月22日生まれ。覚え易い。
オダギリジョーは2月16日生まれです。

オダギリさんが、キムギドク監督の印象を言ってて
すごく良い人で、いやと思う事がなかった、とのこと。

韓国での撮影は、国際免許を持ってないのに
本当に運転させられたりと、ビックリすることもあったみたいです。
あわわ。



オダギリジョーにも、
イ・ナヨンにも

合っている


そんな映画だった気がします。



イ・ナヨンの美人だけど、
影のある、雰囲気が大好きです。
期待していた通り、綺麗で落ち着いた、
女優さんでした。

こういう人が笑う時、最高に可愛いと思うのです。

暗い映画が似合うっていうのも、なんだか難しいですが。

映画「悲夢(ヒム)」ヒロイン イ・ナヨンさんインタビュー
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/090209/tnr0902092028009-n1.htm





<ASIN:B000XD9LEU>私たちの幸せな時間</ASIN>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは、私もイ・ナヨン大好きです、こんな魅力的な人になりたい・・・なんて。ドラマでアイルランドってありましたよね。(たしか・・・)それがはじめてみたナヨンさんだったと思います、はかなくて、華奢な感じがすごく、惹かれました。目の強さも好きです、目の前で見れたなんて、うらやましーです。
aoi
2009/02/10 21:29
>aoiさん
こんばんわ。コメント返しが遅くなりました。
イ・ナヨン好きですか!わ〜。
本当に魅力的ですよね。
私もこんな人になりたい・・。
目の強さ、素敵でしたよ。
思ってたよりも笑顔が見られて、可愛くて、
嬉しかったです^^
ふるふる
2009/02/13 00:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
オダギリジョー×イ・ナヨン「悲夢」初日舞台挨拶つき観ました。20090208 ふるふる好楽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる