ふるふる好楽

アクセスカウンタ

zoom RSS 「Sweet Rain死神の精度」完成披露試写会行きました。

<<   作成日時 : 2008/01/28 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1月28日更新
1月27日(日)国際フォーラムで行われた
映画「Sweet Rain死神の精度」の完成披露試写会に
行ってきました。
今年初めての試写会観覧。舞台挨拶つき。

映画についてはこちらに以前書いてます↓

伊坂幸太郎「死神の精度」映画化
http://old88nara88.at.webry.info/200706/article_2.html

私は3階席だったので表情までは見えないかな・・・という位置でした。
舞台挨拶に登場したのは。
筧昌也監督
金城武さん、小西真奈美さん、富司純子さん、光石研さん、
石田卓也さん、村上淳さん、奥田恵梨華さん。
スモークをたいたりして、演出された舞台に登場。
小西さんのドレスにおお〜と思いましたが、
金城さんの人気っぷりも凄かったです。

人数が多かったですけれど、ひとりひとりが挨拶をして
司会の方の質問に答えて、結構お話聞けました。
お話の内容を詳しく・・・は覚えていないのですが、
このページの記事が上手くまとめてあったのでご紹介しておきます↓

金城武と小西のかみ合わない会話が見どころ「Sweet Rain 死神の精度」
http://news.livedoor.com/article/detail/3483537/

村上淳さんが、金城さんのことを好きなので、
共演できて嬉しかった!!というのを熱弁されていて
その熱弁っぷりが面白かったです。

それから、金城さんが「死神がきたらどうしますか?」と聞かれて
今は映画を撮影している時だから、ちょっと待って!と言ってしまうかも。
終わるまで待ってもらうか、代役をたててもらってから・・・、
家族とかと食事などをしてゆっくりしたいと言っていました。


金城さんの声が、とっても低くて響く声でした。
小西さんのあの声も、はっきり聞こえて特徴がありますね。

小西さんが金城さんのことを、
紳士的ですが、ユーモアがある方で・・・と。
会話がかみあわない感じが、映画にそのまま出てて
良かったのでは〜みたいに話してて、笑いがおきました。

監督は30歳!若い!
伊坂さんの作品と、自分が重なる部分を感じたみたいで
まるで自分が書いた作品のように、それくらい愛着を感じているようでした。

ブログに感想を書かれてました↓

筧昌也監督ブログ
http://button2.exblog.jp/




画像

★「Sweet Rain 死神の精度」
2008年3月22日丸の内プラゼール他全国ロードショー
http://www.shinigaminoseido.jp/

人間の最期をプロデュースする、
それが、死神の仕事です。

職業 死神。
業務 7日間人間を観察し“実行”(死)か”見送り“(生かす)かを決めること。
名前 千葉 ―――死神の名前はなぜか町名や地名。
特徴 雨と白い手袋と黒い犬―――この死神は雨男
趣味 ミュージック鑑賞。


監督、脚本:筧昌也
キャスト:
金城武
小西真奈美
富司純子
石田卓也
光石研
村上淳
奥田恵梨華
吹越満
ほか
配給:ワーナー・ブラザーズ
http://www.warnerbros.co.jp/web/main/movies/movies.jsp
制作 株式会社 ロボット
http://www.robot.co.jp/

千葉(金城武)が現れるのは、人間が不慮の死を迎える7日前。
7日間の観察期間の後“実行=死”か、“見送り=生かす”かを判定するのが彼の仕事。 
仕事はさっさと済ませ、CDショップで“人類最大の発明品“として愛するミュージックを試聴するのが彼の最大の楽しみ。
そんな彼の職業は・・・・死神。
今日も雨の中、彼は待っていた。
7日後に死を遂げることになっている新しいターゲットを
藤木一恵(小西真奈美)。27歳。
とあるメーカーの苦情処理係。
仕事を終え疲れ果てた彼女が会社から出てきた。
さあ、仕事の始まりだ・・・・
 
金城武、死神役に初挑戦 - - - 死神なのにこわくない。死神なのにカッコいい。




感想
お先に観ました。

雨です。
全編雨です。

当たり前なことをまず書いてしまいます。

原作を読んでいるので、
ストーリーは大体わかっていたのですが。
やはり実写で見ると違いますね。

千葉(金城武)って、そうか〜こういうイメージか〜と
最初は自分のイメージと重ならなかったのですけれど、
見ていくうちに、うんうんと納得しました。
「みゅーじっく」を聴いてうっとりしてる姿も、
言葉が理解しきれず、とぼけた感じになって
面白いひとになっちゃったりする姿も。
あ〜こんな感じなのかもねぇと思いました。
自分は真面目なのに、おとぼけた人になっちゃう、
ちょっと可愛い雰囲気。

黒いわんちゃんが登場しますが、
これはオリジナルです。
犬好きの私は、どんな存在であれ(笑)、
素敵な犬が出てくると、嬉しくなってしまうのであった。

映像がちょっとおしゃれな部分があったり。
こってるなと思いました。
そこも見所です。

藤木一恵(小西真奈美)が歌っている歌。
なかなか良くて。
上手いな〜と思いました。
歌詞が、そのまま一恵の気持ちを表していて。


伊坂さんらしさ、というものが
ちゃんと感じられる映画だったと思います。
これってファンにとっては重要。
音楽とか、音楽とか、音楽とか(;^_^)。

彼のもつ哲学みたいなもの。
なんとなく感じられる、そんな
"特別じゃないけれど大切なもの。"

まだ公開されてないし、
詳しくは書きませんー。



ロケ情報で知った、コインランドリー。
登場しました。これですか〜。




商品情報
■アーティスト名:藤木一恵(ふじきかずえ)
■タイトル:「Sunny Day」
■レーベル:デフスターレコーズ
■品番:DFCL-1450-1(初回生産限定盤)、DFCL-1452(通常盤)
■収録楽曲:
Tr1:Sunny Day
Tr2:灯火
Tr3:Sunny Day(INST)
■同梱商品:Music Video収録DVD(初回生産限定盤)
■発売日:2008年3月19日(水)



画像


■ニュース一覧
富司純子 素敵な死に神、ウエルカム
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2008/01/28/12.html
会見で小西真奈美が激白、金城武とは噛み合わない!?
http://www.hollywood-ch.com/topics/08012806.html
“晴れ女”小西真奈美が雨乞い秘話
http://www.nikkansports.com/entertainment/cinema/p-et-tp1-20080128-312957.html
死神の金城武、でも怖くない - 『Sweet Rain 死神の精度』完成報告会見
http://journal.mycom.co.jp/news/2008/01/28/002/
金城武が恋する死神を演じた「Sweet Rain 死神の精度」完成
http://eiga.com/buzz/show/10317
金城武6年ぶり主演作「Sweet rain死神の精度」
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/cinema/topics/20080128et01.htm?from=yoltop
小西真奈美と金城武、会話がかみ合わない?
http://www.varietyjapan.com/news/movie/u3eqp3000002gatp.html
金城武、小西真奈美に「かみ合わない」と言われてもジェントルマン!
http://cinematoday.jp/page/N0012597




Sunny Day(初回生産限定盤)(DVD付)
Sunny Day(初回生産限定盤)(DVD付)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「Sweet Rain死神の精度」完成披露試写会行きました。 ふるふる好楽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる