「GROW 愚郎」生オーディオコメンタリー イベント行ってきました。

9月15日(土)に映画「GROW愚郎」のイベント、
生オーディオコメンタリーに行ってきました。
珍しいイベントでした。

初日にすでに観に行っているので、
感想はこちら、ごらんくださいな↓
http://old88nara88.at.webry.info/200709/article_7.html


画像



★「GROW 愚郎」
2007年9月8日より渋谷Q-AXにて2週間限定レイトショー
http://www.grow510.com/

監督:榊英雄
製作総指揮:後藤克秀
脚本:後藤克秀
音楽:榊いずみ
エンディング曲:「エンドロール」シナトラ(Garule)
キャスト:
桐谷健太
寺島進
菅田俊
木下ほうか

中村映里子
三上真史
五十嵐康陽
中江翼
倉科カナ
田辺みさき

遠藤憲一
深浦加奈子
板尾創路
渡辺裕之




イベントは渋谷のQ-AXシネマにて。
http://www.q-ax.com/

イベント出演者
川上泰弘プロデューサー
榊英男監督
桐谷健太さん
後藤克秀さん
亀石太夏匡さん


流石に、本上映とは違うので、お客さんは満員ではありませんでした。
前編にわたってしゃべりまくるわけですので、
初めて観る方は大変です。でも、何人かはそういう方もいたのかな?

挨拶の後、
最前列に5人が座り、一緒に観るスタイルでした。

本当に結構しゃべりまくりでした。
ロケ地の話や、裏話。

気になっていた坂口拓さんの出演シーンは・・・
声だけの出演だったことが判明。
掲示板の書き込みの声だったみたい。

面白かったのは、
寺島進さん、菅田俊さん、木下ほうかさんの
撮影がとっても大変だった!ということ。
まず忙しい3人が一緒に撮影できる日が
2日間?くらいだったそうで。
でも、こだわりある(笑)ベテラン俳優3人。
3人一緒の動きをするのが大嫌いらしく、
説得するのが大変だったみたい。
さすがです。
最初はセリフも危うかったみたいですが、
それもまた味がある演技というか(笑)。
最後くらいには息も合ってきたみたいです。
でも、楽しそうに演じてみてたみたいです(^_^)。

菅田さんは、自分で用意した学ラン。
帽子も用意してきたそうで。

榊監督は、このシーンはこういう狙いがあって、
こういう意味があって、と話されていて、
なるほど~と思いながら、もう一度全体を観て
面白かったです。

語り口はちょっと面白いのですけれど、
やはり「熱い!」方だなぁと思いました。



ちょこっと出た遠藤憲一さんも、
車をぐるぐる反時計周りに回るのにも意味があるとはー。


最後の風船の飛び方には、
やっぱり、じゃれあいながら上に昇っていく3人という意味が
こめられているんだ~と確認できて。


最初から最後まで笑顔で楽しんだイベントでした。
学生役で出演された俳優さんも観にこられてたみたいです。




■関連リンク
“大変ですよ役者って、わがままで” 『GROW 愚郎』 榊英雄監督インタビュー
http://www.cinematopics.com/cinema/topics/topics.php?number=1059&tosi=2007&tuki=09
榊 英雄監督 単独インタビュー
http://www.cinema-factory.net/contents/271_grow/intro2.html
「映画をつくれることが、単純に、本当に嬉しい」『GROW -愚郎-』榊英雄監督インタビュー
http://www.cine-tre.com/interview/detail.php?inteid=10000814





榊英雄 ブログ
http://sakakihideo.seesaa.net/





最終日はトークイベントがあるそうです。
16日からチケット発売中。
私は遅番なので間に合わず。行けません(涙)。
他出演者は現在は未定なので、HPで確認してください。


【概要】
●日程/時間
9月21日(金) 21:15の回

●登壇者

榊英男監督
川上泰弘プロデューサー
他出演者予定

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック