映画「蟲師」観ました。

先週金曜日、レイトショーでやっと
「蟲師」を観ました。
楽しみにしていて、このブログでも何度か話題にしました。

画像



画像


http://old88nara88.at.webry.info/200511/article_14.html
http://old88nara88.at.webry.info/200608/article_1.html
http://old88nara88.at.webry.info/200609/article_7.html


★「蟲師」
2007年3月24日公開
http://www.mushishi-movie.jp/

この世の不思議は「蟲」の仕業かもしれないー

漆原友紀の大人気コミック「蟲師」。
特殊な能力に恵まれた
蟲師たちの旅を幻想的な筆致で描き、
2006年の講談社漫画賞に輝く傑作が、
これまで誰も見たことがなかった
衝撃的な映像作品として生まれ変わった。


監督:大友克洋
原作:漆原由紀
配給:東芝エンタテインメント

キャスト:
オダギリ・ジョー
江角マキコ
大森南朋
蒼井優
榊英雄 ほか

深い雪山で一夜の宿を求めてさまよう男がいた。
彼の名はギンコ(オダギリ ジョー)。
白髪で、左が義眼の彼は旅を続ける蟲師。
不可解な自然現象を引き起こす“蟲”の命の源を紐解き、
その現象を鎮めることが彼の役目だった。



月刊アフタヌーン公式Web
http://www.afternoon.co.jp/top/
蟲師空間
http://www.kanshin.jp/mushishi/


感想
「どろろ」の次は「蟲師」ですよ。
私の好みがはっきりと出てますね。
蟲師はコミックのファンなので、
映画化にはビックリしましたが、
楽しみに待っていました。

最初のシーンから、
日本的な雰囲気が漂って、世界に入っていきました。
オダギリジョーさんのギンコは合わないかと思っていたのですが
イメージとか気にならず、すんなりと観れました。

CGがたっぷりと使われていて、
蟲たちが幻想的な感じで表現されていて良かったです。
「あ」と「うん」は、リアルだったので、うひーと思いました。
たしかに虫です・・・。

気に入ったのは、淡幽役蒼井優ちゃんが
蟲たちを巻物に封じていくシーン。
そのCGが良かったし、優ちゃんがかっこ良かったです。

画像



江角マキコさんはかなり濃い・・・・・。
声の低さとセリフまわしが怖かったです。



「蟲師」で何が楽しみだったかというと、
榊英雄さんが出演していることでありました。
役どころは知らなかったので、登場したらば、ワクワク。
蟲に寄生された子供、真火の父親役でした。
ちゃんとセリフもあって、ちょこっとだけでしたが、
嬉しくなる・・・。


全体的に、日本的、墨絵のような雰囲気は出ていたので
がっかりしませんでした。
実写にしたらこうなるのか~と自然と受け入れられました。
中心のストーリーがあって、進んでいきましたが、
もっと色んな蟲と人のお話も見たかったな~と思いました。



コミックは8巻が出てます。
蟲は、漫画で見ると、なんだか「可愛い」と感じる時があり。
映画では、本当に「虫」だったような。


蟲師 8 (8)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年04月13日 00:05
蟲師見たのですね!
私はまだなのですが、我が家の娘が見て、なんかすごく難しくて??だったとか。
でも、オダジョーが美しすぎて~と叫んでいました。
2007年04月15日 00:25
>ノルウェーまだ~むさん
観ました~、やっと。
過去と末来が交差していて、
確かに難しかったかもしれませんね。
終わり方も突然・・・。
オダギリジョーの白髪は、
なかなか似合っていました★

この記事へのトラックバック