北村龍平監督「LOVEDEATH」 2006.11.28更新

2006年11月28日更新
東京国際シネシティフィスティバル2006で上映されました。
もちろん観て来ました。
監督と出演者の舞台挨拶があり、たくさんの俳優さんがかけつけました。
榊さんの姿も!
北村監督とは兄弟のようにつながりが深い榊さん。
この映画でも助監督、出演を務めてサポートしたようです。
監督と、原作者の高橋ツトムさんがインディーズ映画を撮る感覚で
話が盛り上がり、撮影した映画みたいです。
それもこれも主役のNorAさんの存在があったからこそだったようで。
でも、それに賛同した豪華俳優陣のすごさ。
あんな人もこんな人もたくさんたくさん出演してます。
監督の熱意が伝わってくる舞台挨拶でした。

画像


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


北村龍平監督の新作映画。
ゆうばりファンタスティック映画祭で上映されたので
情報は知っていたのですが、上映時期とか詳しい情報がわからず・・・。
キャストを見て、おおーと思いました。

映画祭で上映されたのは、映画祭用のもので、
劇場公開版はまた変更点があるようです。
早く完成作品観たいです。
榊英雄さんも出演しているので、とっても楽しみ。
ちょこっとでもうれしいのです。どれくらい出演するかな?

画像


★「LOVEDEATH」
2006年公開予定
スープレックス・ナパームフィルム提供
http://www.lovedeaththemovie.com/

どう過ごすかによってその後の人生が決まるという運命の日、
"クリサリス・デイ"を一緒に乗り切ろうとする男女。
純粋な愛を貫くために突き進む凶暴な男・サイと
どんな男でも手玉に取り利用する美女・シーラ。
金を持ち逃げしたシーラを追うのは、
クールで凶暴なギャング軍団、
頭のおかしい殺し屋軍団、暴走刑事、
そして見事に全員ぶっ飛んでいるキャラクター達。
二人の過激な愛の暴走は誰にも止められない!
最強にクレイジーで、最高にクールなカップルの物語。

前作『ゴジラ FINAL WARS』でもう壊すものがなくなった北村龍平が、
原点にもどり自主制作体制で復活。
『ALIVE』『スカイハイ』に続いてタッグを組んだ高橋ツトムの短編コミックを原作に、
武田真治を主演に迎え豪華個性派キャストたちの競演によって
さらに過激に過剰にパワーアップ。
次から次へと映し出されるエロス、バイオレンス、コメディーシーンの連続!
スリリングな展開に目が離せない。


監督:北村龍平
エグゼクティブプロデューサー:佐谷秀美
プロデューサー:
高橋ツトム
北村龍平
原作:高橋ツトム
脚本:
桐山勳
北村龍平

キャスト:
武田真治
NorA
船越英一郎
大友康平
IZAM
寺島進
船木誠勝
榊英雄
杉本彩
泉谷しげる
池内博之
渡辺裕之
川村かおり


北村監督HP
http://www.ryuhei-kitamura.com/jp/index.html

napalm_films HP
http://www.napalmfilms.jp/


■関連ニュースリンク
【ゆうばりファンタスティック映画祭レポート2006】vol.1
北村龍平監督や三池崇史監督らのパワフルな意欲作に唖然!
一切妥協なしの作家性を誇る作品群が目白押しの2006年
http://www.walkerplus.com/movie/report/report4274.html
ゆうばりファンタスティック映画祭プログラム
http://www.yubarifanta.com/views.php?id=173&langue=21010
インタビュー
http://www.so-net.ne.jp/movie/interview/060407.html
LOVEDEATHメンバー大集合!ゆうばりでしか観られない特別バージョン上映!
http://yubarifanta.com/rep_read.php?number=395&langue=21010&fg=on

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
11月28日追加


感想
オープニングで、北村監督の匂いがぷんぷん漂ってました。
やはりひたすらかっこ良さ追及。
しかし、この映画は、「笑い」の要素が多量にちりばめられていて。
舞台挨拶でわかったのですが、原作者の高橋ツトムさんが、
笑いをいれるように!と注文したのだそうで。

わざと芝居かかったセリフと話し方。
それが決まってしまう俳優さんたち。笑って良いのだよね(笑)。
武田真治さんを翻弄してしまうNorAさん。
このまったく芝居が初めての新人女優さんがきっかけで
映画を撮ったという監督。
たしかに存在感と奔放さと、小悪魔っぽさが凄かったです。
声も魅力的。

船越英一郎さん、イメージを塗り替えるものすごい演技でした(笑)。

俳優さんひとりひとりを語りつくせない、個性派ばかりが集まり
独特の存在感を出しまくってました。
北村監督には欠かせない俳優さん達もたくさん!

榊さんは殺し屋のひとり。
大きな帽子を被ってサングラスをかけていたので、
わからない人が多いでしょう。
でも、私はもちろん気がつきました!

吉岡美穂さんが、結構かっこ良かった・・・。

さて、かなりくせものなこの映画。
ロードショー上映されるのでしょうか!?


東京国際シネシティフィスティバル
http://ticf.jp/news_view.php?id=57
画像



LOVEDEATH
http://www.lovedeaththemovie.com

napalm_films
http://www.napalmfilms.jp/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック