金城武出演「ウィンター・ソング」試写会観てきました。

8月11日(金)に試写会行ってきました。
GTF(グレータートウキョウフェスティバル)のイベント。
試写会祭りというべき、GTFトーキョーシネマショーです。
前年も観に行きました。素敵なイベントだー。
今回は忙しくて、この日しかあいてなく・・そして夕方じゃなきゃだめだったので
「ウィンター・ソング」を選び、応募したのでした。

GTF(グレータートウキョウフェスティバル)のHP
http://www.gtf.tv/index.html
お盆や夏休みで、人が減ってしまう東京圏の夏を
お祭りやイベントなどで元気にしようと企画されたこのイベント。
詳しくはHPを見て下さい。
私はこの日本最大の試写祭りを楽しみに、待っていました。
http://www.gtf.tv/summer/tokyocinemashow/e_movie/tokyocinema/movie_tokyocinema.html

画像

★「ウィンター・ソング」
2006年今秋 みゆき座ほか 東宝洋画系にて全国ロードショー
http://www.winter-song.jp/
この秋、あなたに贈る、
切なくも美しい“たったひとつの愛”


失うことが分かっていながら出会った"たったひとつの愛"と
10年間にわたるその愛の行方を、
「ラブソング」の世界的名匠ピーター・チャンが、
美しい映像と音楽で謳い上げた、心震わす感動のラブ・ストーリー。
国際派スター・金城武、中国のミューズ、ジョウ・シュン他豪華キャストが出演。

配給:角川ヘラルド映画
監督:ピーター・チャン
キャスト:
金城武
ジョウ・シュン(周迅)
ジャッキー・チュン
チ・ジニ ほか

それは、初めから実らないとわかっていた愛だったのかもしれない。
映画監督を目指す見東(金城武)と女優を夢見る孫納(ジョウ・シュン)が出逢った愛は、
そんな無垢で純真で壊れやすい愛だった。
冬の北京。雪の降る朝、別れは突然訪れる。孫納は、夢を叶えるために愛を捨てた。
見東にとっては、永遠に冬が続くかのように、その時から世界は止まってしまった。

それから10年────。
映画俳優になった見東と女優の夢を実現した孫納は、上海で運命の再会を果たす。
彼らはミュージカル映画で共演し、10年前の愛を辿るかのように
ラブ・ストーリーをうたい上げる。
失われた"たったひとつの愛"は、切なくもスクリーンの中でのみ叶えられ、
永遠に刻まれることになる。
10年間、ただひたすらに孫納を想い続けた見東の愛は、
映画の物語と平行して、彼女の心を大きく揺り動かしていく。
二人の本当の想いは、どこに辿りつくのだろうか…。


感想
予習をまったくしないで観に行きました。
という事で、驚きました。
わっ、ミュージカル系!と。歌いだしたので。
ミュージカル映画は、ちゃんとそのモードにならないと
ついていけなくなるので、心をそこに持っていく。
よし、OK(笑)。

物語の冒頭に出てくるセリフは、監督自身の言葉でもあるように感じられました。
「人生は映画のようである」

そして歌いだす。
設定が面白い。
ミュージカル映画を撮影していく展開で
その中で役者、監督(監督も出演する)が歌いあげる。
それは、現実と重なりあって、より感情がこもる。
見東の、孫納を思う気持ちが切ない。
恨んでいるのか、愛しているのか。再び愛しあいたいのか、復讐したいのか・・。
孫納の今の恋人・映画の監督との三角関係。
監督の苦悩も歌声が伝える。
映画セットが豪華で、贅沢感いっぱい!

ふたりの男性に愛される、孫納役のジョウ・シュンの
愛らしさと、傲慢さと、美しさと、冷たさと、弱さと強さを感じさせる
あの雰囲気がこの映画のすべてな気がしてしまいました。
まさに中国女性といった綺麗さなんですよー。
声は低めで、歌声もなかなか。
私は「小さな中国のお針子」で彼女を初めて見ました。
清純な感じなのに、とても色気があって
魅力的な人だなと思いました。
まさにアジアンビューティー。
こういう色っぽさって、羨ましい・・・・・・。
人によっては、好き嫌い分かれそうなルックスですけれど、
私は好きです。
CDも発売した歌手でもあります。
「ハリウッド★ホンコン」では主演です。



映画中歌われる曲は、聴き易いし、
話していて突然歌いだす、とかじゃないので
ミュージカル苦手な人でも、大丈夫・・・・かな?多分・・・・・。
まあ、とにかく、金城武が好きな人、
ジョウ・シュンの美しさを観たい方はぜひ!
切ない恋を観たい人でも良し。






■周迅(ジョウ・シュン、Zhou Xun, 1976年10月18日 - )は、
中国浙江省衢州出身の女優。身長は160cm, 体重41kg, 血液型はO型、星座は天秤座。

浙江省芸術学校で民族舞踊を学んでいた15歳の時にスカウトされ、1991年に映画『古墓荒齋』でデビュー。優れた演技力が高く評価され、映画『蘇州河(ふたりの人魚)』では2000年のパリ国際映画祭の主演女優賞を受賞した。2006年には映画『如果‧愛』で第25回香港電影金像奨主演女優賞にも輝く。

現在、章子怡(チャン・ツィイー)、趙薇(ヴィッキー・チャオ)、徐静蕾(シュー・ジンレイ)と並ぶ四小名旦(四大若手女優)の一人として絶大な人気を誇っている。

(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

画像


画像


画像





●関連ニュースリンク
金城武:新作映画プレミア「大切なのは彼女の・・・愛」
2005/12/01(木) 18:42:43
http://www.chinanews-jp.com/news/disp.cgi?y=2005&d=1201&f=entertainment_1201_001.shtml&mb=cns
金城武主演『如果・・・愛』、中国で12月に公開
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2005&d=1017&f=entertainment_1017_001.shtml




金城武 HP(日本)
http://www.fulong.jp/kaneshiro/takeshi.html


小さな中国のお針子
小さな中国のお針子 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック