ふるふる好楽

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「ウォーターズ」舞台挨拶つき試写会行って来ました。

<<   作成日時 : 2006/01/19 23:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
画像


★「ウォーターズ」
日本初!
ホストクラブを舞台に夢を追い求めた
若者たちの痛快な青春映画!
http://www.waters-movie.jp/
2006年3月11日(土)
シネマGAGA!他全国ロードショー

新人続々入店中!
史上初、爽快度120%の青春ホストムービー誕生!
TVドラマも、ドキュメンタリーも、コミックも、さらにはお笑い芸人まで、今やその名を目にしない日はなくなった職業<ホスト>。ひたすら女の子にモテたい!サラリーマンじゃ稼げないおカネを手に入れたい!夜の街でのしあがりたい!そんな思いを胸に、面接にやってくる若者は、歌舞伎町だけでなんと年間1万人超!
すでに、はとバスのホストクラブツアーは定番化、ホスト雑誌も続々創刊され、日本はまさに1億総ホスト化の大ブーム到来!?そんな2006年、夢破れた7人の若者たちが、今日もまたホストクラブの扉を開ける・・・。

監督:西村了
キャスト:
小栗旬
松尾敏伸
須賀貴匡
葛山信吾
森本亮治
桐島優介
平山広行
真中瞳
成海璃子
原田芳雄ほか

ウォーターフロントの倉庫街に集まった、
勘違いにキメたスーツの男たち。
ストリートパフォーマーのリョウヘイ、
元青年実業家のユウキ、
元実業団バスケ選手の直人、
その後輩のケイタ、
元インテリアコーディネイターの進太郎、
元銀行マンの正彦、
元板前の鉄平。
それぞれの世界で夢破れた彼らだが、
心機一転受けたホストクラブの面接は見事一発合格、
今日から晴れて初出勤だ!
しかし、世の中そんなに甘くない。
張り切って駆け込んだ店はカラっぽ、
なけなしの保証金を渡した店長も見当たらない。
やっとダマされたことに気づいた彼らは、
手っ取り早くカネを稼ぐべく無謀にも
素人ホストクラブ“DOGDAYS”をオープンさせる。
それは、7人がそれぞれ忘れかけていた
“何か”を取り戻すひと夏の大騒動の始まりだった…。


感想
あの、また早退しました。はい。すいません。
7人のイケメン(笑)の舞台挨拶があるので、混むだろうと思いまして・・。
友達を誘ったので、先に言って場所取り目当て。
結局は整理券を配ってくれたので、ゆったりと入りました。
あふれてる人もたくさんいたので、大変そうでしたけれど。

ヤクルトホールは、舞台に花道がありました。びっくり。
私はその花道の少し後ろあたり。つまり真ん中あたりの席で、かなり良い。
席を選べなかったのに、ラッキー。
ばっちり見えました。
可愛らしい成海璃子ちゃんが登場した後に続いたのが、
7人の男優さんたち。みなさんタキシードを着ていて、
かっこ良さが倍増していて、おもわず口をぽかーんと開けて見てしまいました。
そんなに期待してなかったのに(失礼)、みんなかっこ良かった(>□<)!
なんとなく、応募したので、特に大好きな俳優さんがいるわけではなかったのです。
しかししかし〜。かっちょ良い。

小栗旬さんから挨拶。
どうも〜、といってテンション高く、花道に出て行こうとする。
明るい〜。全員でじゃれあっていて、楽しそうでした。
ホストの役をやって大変だった事は?と聞かれ、
「役作りについては、完璧なホストではなく、
新米ホストだったので、特に苦労はありませんでした。
良い感じに作れたと思っています」

松尾敏伸さん(ヒゲがはえていました・・)
「ウォーターズは本当に面白いです。まだ観ていませんが(笑)。
親や親戚みんなで見に来てください。」

須賀貴匡さん(髪を金髪に染めているせいか、今までの雰囲気と全然違う!)
「ダメホスト達をまとめ上げました。(笑)」
撮影現場での想い出は?と聞かれて
「ずっと7人一緒だったので、休憩時間は遊んでいたのが思い出に残っています
劇中でダンスを踊るシーンがあって、それを特訓してたことも」

桐島優介さん
「楽しい映画になったと思います。
皆仲が良い映画ですが、僕はあまり仲良くしてもらった記憶がありません・・・(笑)」
あれま。ちょっとすねた表情。

平山広行さん
「見所は、全てです。楽しんで下さい」

森本亮治さん
「バスケの試合のシーンの為に、バスケの練習をしていましたが、
試合でかっこよくパスをするシーンがカットされていました。
カットされたシーンを想像しながら観て下さい(笑)」

葛山信吾さん
「20代の中で、一人30代で、役でも実際も妻子持ちです。(笑)
暑い夏に撮影し、皆で頑張りました。学生時代を思い出しました。」

真中瞳さん
「役では、はまっていないのですが、
実際こんなホスト達がいるホストクラブがあったら、はまってしまいそうでした。
皆さんも、このホストクラブに遊びに来た客のように楽しんで下さい。」

成海璃子さん
「私が演じたチカは、天真爛漫でキャピキャピしています。
今までそのような役を演じたことがなかったので、楽しかったです。」

西村了監督
「深く考えずに楽しんで下さい」

(文はcinema topics onlineの記事を参考に使わせてもらいました)

皆、舞台挨拶中も、じゃれあっているかのような雰囲気で、
仲の良さが伝わってきました。
緊張感が薄れるのかな?大人数だし。仲間という感じでした。
他の人のコメント中にちゃちゃを入れたり。

特別ゲストで主題歌を歌っている倖田來未が登場。
すごい人気でした。
シックだけと、すんごく危ういドレス。
隣の小栗君はまともに見れない様子で、
「どういう角度で見たらいいかわからないんですけれど」と言って困ってました。
そりゃそうだ・・・・。


映画の感想
ホスト・・・と聞くと、やはり想像するのは、こなれた感じで
ちょっと、いや、かなりくさく・・・・。
ちょっとやりすぎて、気持ち悪いかも・・・(いや、失礼、偏見だわ)。
なんて想像してましたけれど、
この映画に登場するホストは素人ホスト。全然経験なし。
お店もボロ。
不器用さたっぷり。
頑固だったり、プライド高くて、「やってられるか」と投げ出すことも。
空回りもたくさん。
でも、奥にはみんな優しさがある。
友情と、そして人情。
不器用だって真心が大事!
しかし芸も大事!
練習して、がんばっただろう、見せ場に注目。
最後は、「良いのか、君達!」とつっこみを入れて(笑)、終わりたいと思います。
本当のホストさんたちは、どんな気持ちで働いてる?
プロ意識が一番大事なのかと思いました。そこに真心をプラスしたら最高。
ホストに限らず、仕事はなんでもそうだね。
接客業は特に!


◆関連ニュースリンク
倖田来未、巨乳はみ出しそうなエロ衣装
http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-060119-0002.html
倖田來未が登場!ホストクラブを舞台に描かれた『ウォーターズ』完成披露試写会!
http://www.cinematopics.com/cinema/c_report/index3.php?number=1788
倖田來未:「ウォーターズ」でイケメン7人にドキドキ
http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/geinou/graph/20060118_2/

さて、ニュースはやはり倖田來未中心ネタ。
この映画ははたして、ヒットするのでしょうか!
分類わけは、「青春ムービー」が正解だと、思われます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ウォーターズ
期待値:70%  ホストが主人公の青春ホストムービー(どういうこと?)。 カッコイイ男の子がたくさん ...続きを見る
週末に!この映画!
2006/03/13 13:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「ウォーターズ」舞台挨拶つき試写会行って来ました。 ふるふる好楽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる