ふるふる好楽

アクセスカウンタ

zoom RSS ジェジュン 「ジャッカルが来る」製作発表会A&FB写真 20121016

<<   作成日時 : 2012/10/18 00:52   >>

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日行われた、ジェジュン出演映画「ジャッカルが来る」
製作発表とショーケース。
ニュース記事訳がアップされたので紹介します。
動画ニュースやファンカメもたくさんアップされていて、
その中に、映画の予告映像とメイキング映像もありました!
映画、かなり面白そうです( ̄m ̄*)


★JYJフェイスブックより
http://www.facebook.com/CJESJYJ

かわいいい〜^^
どちらの写真でしょうね。
映画かな。
チェ・ヒョンは役名です。

김재중일까요, 최현일까요?
Who am I? Jaejoong or Choi Hyun..?
(訳)キム·ジェジュンのでしょうか、チェ・ヒョンのでしょうか?

画像



★製作発表会&ショーケース映像

こちらの再生リストに集めています。
ショーケースのファンカメ映像もたくさんアップされていますので
見つけたら追加していってます。

JYJ ジェジュン 『ジャッカルが来る』
http://www.youtube.com/playlist?list=PLDk27ZI7U9hiuq3xl-gsejJY6w_fXjiE7


予告映像ありニュース
EN : 무게감 벗고 망가진 김재중, 배우로 거듭나다.


メイキング映像映像ありニュース
'자칼이 온다' 제작보고회: 김재중, 한류스타 이미지 벗고 열심히 망가져


面白そう(笑)
すっごい楽しみです^^


★ニュース記事

【PHOTO】JYJ ジェジュン「ジャッカルが来る」の制作報告会に出席“ファンを虜にした笑顔”
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1954155&categoryCode=MV

画像


「ジャッカルが来る」JYJ ジェジュン、半分以上縛られたまま撮影した監督も認める“プロ”
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1954196&categoryCode=PU

画像


「屈辱的なシーンにも不安はなかった」
映画「ジャッカルが来る」で商業映画デビューを告げるJYJジェジュンが、映画撮影の感想を伝えた。

ジェジュンは16日午後、ソウル漢南洞(ハンナムドン)ブルースクエアで開かれた「ジャッカルが来る」の制作報告会で「前作では少しシリアスなキャラクターを演じたけれど、色んな姿をお見せしたいという思いがあった」と出演のきっかけについて話した。

ジェジュンは実際に韓流ブームの中心に立つトップスターでもある。これまでJYJのメンバーとして歌手活動をしながら俳優業もこなしてきた彼は、テレビドラマ「ボスを守れ」「Dr.JIN」で様々な魅力をアピールしてきた。

ジェジュンは「映画の説明に、“自ら輝くイケメンで女心を鷲づかみするトップスター”となっているけれど、映画でギャップを見せるための説明だと思う。『トップスターがこんなにみっともない姿を見せることもあるんだ』と思わせたい。(自ら輝くと書いてあるけど)僕も照明がないと輝くことはできない」と謙遜した。

映画では拉致される設定であるだけに、ジェジュンは撮影の半分以上を縛られたまま演じなければならなかった。これについてジェジュンは、「縛られながら演じていると、自分でもすごく笑ってしまった。様々な動作を演じたけれど、監督にもそれが気に入ってもらえたようだ」と撮影当時のエピソードを伝えたりもした。

演出を担当したペ・ヒョンジュン監督は「男性主人公のキャスティングは容易ではなかった。ジェジュンさんより認知度の低い人達も、屈辱的なシーンのあるキャラクターに躊躇い、断ってきた。心に何かを持っている原石を細工する感じの演出で、彼なりのノウハウを持っていると思ったので、キャスティングした」と述べた。

また、ペ監督は「カン・ドンウォンさんが細かく丁寧に演じるとすれば、ジェジュンさんは大胆で魅力的な感じで演じていた。初の商業映画だが、トップの座を味わった人らしく、何一つ手を抜くことがなかった」とカン・ドンウォンと撮影した前作「彼女を信じないでください」と比較しながらジェジュンの演技への姿勢を褒め称えた。

映画「ジャッカルが来る」は、伝説的な殺し屋ポン・ミンジョン(ソン・ジヒョ)が、殺害依頼を受けた対象であるトップスターに出会い繰り広げられる事件を盛り込んだ、コミカルアクション映画だ。女優ソン・ジヒョ、JYJ ジェジュン、俳優ハン・サンジン、キム・ソンンリョン、オ・ダルスらが共演する。同映画は韓国で11月に公開される予定だ。



「ジャッカルが来る」JYJ ジェジュンは“みっともなく”なり、オ・ダルスは“痣の闘魂”を見せる
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1954199&categoryCode=PU

JYJジェジュン、『ジャッカルが来る』監督が絶賛…「魅力たっぷり」
http://woman.infoseek.co.jp/news/k-pop/kstarnews_entame1304657977


「ジャッカルが来る」JYJ ジェジュン“僕も照明がないと輝かない”
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1954163&categoryCode=ET

JYJのジェジュンが、“自ら輝くイケメン俳優”の修飾語に関する感想を語った。

ジェジュンはソウル龍山(ヨンサン)区漢南洞(ハンナムドン)BLUE SQUAREで行われた映画「ジャッカルが来る」の制作報告会で、「僕も照明がなければ輝かない」と話しながら笑った。

「ジャッカルが来る」でジェジュンは、“女心を揺らす、自ら輝くイケメンのトップスター”と紹介される。これに対しジェジュンは、「“自ら輝く”と言うが、映画のどんでん返しのために、わざとキャラクターを説明したと思う。『女心を揺らすトップスターがここまで意外な姿を見せるんだ』ということを、映画で面白く表現するためにこのようなタイトルを入れたと思う」とし、「照明がなければ僕も輝かない」と謙遜した姿を見せた。

また、「ジャッカルが来る」を選択した理由について「前作では渋い役だったが、多彩な姿を見せたいと思ったので、出演を決定した」と伝えた。

映画でのジェジュンは、表面上はマナーの良いイケメンだが、実はファンを無視し、マネージャーいびりが特技の生意気なトップスターチェ・ヒョンを演じる。

「ジャッカルが来る」は、伝説の女性殺し屋ジャッカルが、最高の人気を博しているトップスターを拉致することから繰り広げられるエピソードを描いた作品だ。


ジェジュン「輝く美貌? 照明がなければ輝かない」
http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=6&ai_id=156954

JYJジェジュン、自身の外見について言及…「照明がないと輝かない」
http://woman.infoseek.co.jp/news/k-pop/kstarnews_entame1304657974

「ジャッカルが来る」JYJ ジェジュン“屈辱シーンを、ユチョンやジュンスが見たら凄く笑うと思う”
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1954162&categoryCode=PU

JYJのメンバーで俳優のジェジュンが、屈辱的なシーンを撮影した感想を伝えた。

ジェジュンは、漢南洞(ハンナムドン)のブルースクェア・サムスン電子ホールで行われた映画「ジャッカルが来る」の制作報告会で「屈辱的なシーンにも全く不安はなかった」と語った。

映画でのジェジュンは、表向きはマナーの良いイケメンだが、実際はファンを無視したり、マネージャをいじめることが特技である生意気なトップスター、チェ・ヒョンを演じる。伝説の殺し屋ボン・ミンジョン(ソン・ジヒョ)に拉致される絶体絶命の危機から生き残るために、引き締まった腹筋を隠し、自身はチェ・ヒョンの偽物チェ・ホンだと主張しながら卑屈になり、屈辱的な瞬間を経験する。

ジェジュンは「屈辱的なシーンにも全く不安はなかった。少し軽い男で、軽いけれど決して軽いだけではないキャラクターを演じてみたかった。そんな中、すばらしい作品(「ジャカルが来る」)のオファーが入り、撮影を行なった。だから、怖くはなかった」と語った。

続いて「他のメンバー(ユチョン、ジュンス)が見たら凄く笑うと思う。日頃、映画でだけは、そこまで壊れた姿は見せたことがない」と笑った。

「ジャッカルが来る」は伝説の女殺し屋ポン・ミンジョンが、最高の人気を博しているトップスターを拉致することから繰り広げられるエピソードを描いた作品で、11月に韓国で公開される。


JYJジェジュン、「『ジャッカルが来る』での‘壊れていく演技’に負担はなかった」
http://woman.infoseek.co.jp/news/k-pop/kstarnews_entame1304657966

ソン・ジヒョ、JYJジェジュンを絶賛…「壊れることを恐れない」
http://woman.infoseek.co.jp/news/k-pop/kstarnews_entame1304657975

ソン・ジヒョが、韓国映画デビューを果たしたJYJジェジュンの熱演を絶賛した。

16日午後、ソウル・漢南洞(ハンナムドン)ブルースクエアで開かれた映画『ジャッカルが来る』(原題)の制作報告会には、JYJのジェジュン、ソン・ジヒョ、オ・ダルス、ハン・サンジン、ペ・ヒョンジュン監督が出席した。

映画『ジャッカルが来る』は、伝説の殺し屋がトップスターを拉致し繰り広げる騒動を描いたコメディ作品。『彼女を信じないでください』のペ・ヒョンジュン監督が演出を担当し、ソン・ジヒョの演技の変身と‘演技派アイドル’ジェジュンのスクリーンデビュー作として期待を集めている。ソン・ジヒョが伝説の殺し屋、ジェジュンがトップスターの役で出演した。

今回の映画で韓国映画にデビューするジェジュンは、映画の中でイケメンスターの‘チェ・ヒョン’役を演じ笑いを提供し、ソン・ジヒョは伝説の殺し屋‘ボン・ミンジョン’役を演じた。

ソン・ジヒョは、共演したジェジュンについて「人気が凄く高いのに、壊れることを恐れずに一生懸命演技する姿が有り難かった」とし、ジェジュンもまた「僕の至らない部分をソン・ジヒョさんが埋めてくれた。とても助けられた」と感謝の気持ちを伝えた。

コメディ映画『ジャッカルが来る』は11月の韓国公開予定だ。


「ジャッカルが来る」ソン・ジヒョ“JYJ ジェジュンは才能のある人”と絶賛
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1954184&categoryCode=MV

ジェジュン「股の間に刀が刺さるシーンでヒヤリとした」
http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=6&ai_id=156953

キム・ジェジュンがスクリーンデビュー作でヒヤリとするシーンを演じたと語った。

16日午後、ソウル漢南洞ブルースクエアで行われた映画『ジャッカルが来る』(監督ペ・ヒョンジュン)の製作報告会には、出演者のソン・ジヒョ、ジェジュン、オ・ダルス、ハン・サンジンが参加した。

『ジャッカルが来る』は、伝説の殺し屋が人気スター“チェ・ヒョン”を拉致しながら起こるドタバタを描いたコメディー映画。『彼女を信じないでください』のペ・ヒョンジュン監督が演出を務め、ソン・ジヒョの演技変身やジェジュンのスクリーンデビュー作として期待を集めている。同映画でスクリーンデビューするジェジュンは、イケメンスター“チェ・ヒョン”役を、ソン・ジヒョは伝説の殺し屋“ポン・ミンジョン”役を演じた。

ソン・ジヒョは、共演したジェジュンに対して「とても人気がある方なのに、コミカルな演技を恐れず、一生懸命なところが有難かった」と語り、ジェジュンは「自分の不足している部分をソン・ジヒョが補ってくれて助けてもらった」と感謝の意を示した。

刀が股の間に刺さるシーンに対してジェジュンは「一歩間違えば、お婿にいけなくなるところだった」とし「スタッフたちが気をつけるようにと言ってくれて無事撮影できた」とエピソードを語った。「とても屈辱的なシーンが多かった。“本当にこんなシーンを撮影するんですか”と聞いてみたほど屈辱的なシーンをたくさん撮った」という。

コメディー映画『ジャッカルが来る』は今年11月に公開される予定。


JYJジェジュン、『ジャッカルが来る』でのエピソードを披露・・・「結婚もできず死ぬかと思った」
http://woman.infoseek.co.jp/news/k-pop/kstarnews_entame1304657967


JYJジェジュン、「次はホラー映画に出演したい」
http://woman.infoseek.co.jp/news/k-pop/kstarnews_entame1304657976

(一部)
ジェジュンは、「前作で重い役を主にやってきたので、明るい姿をお見せしたくて、今回の作品を選んだ。映画の‘イケメン韓流スター、女心キラーのトップスター’という文句は、映画のどんでん返しをより面白くするための装置ではないかと思う」と話した。

また、「(韓国で)初めて映画に挑戦したけれど、密度を高め、完成度を高めて行くことが魅力的だった。次に映画をすることになったら、ホラーや、やったことのないジャンルに挑戦してみたい」と話した。


キム・ジェジュン、“ジヒョさん、大丈夫?”
http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=8&ai_id=156960


今日はここまでにします^^
写真たくさんアップされているので、
明日以降時間があったら記事にアップしようかなと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジェジュン 「ジャッカルが来る」製作発表会A&FB写真 20121016  ふるふる好楽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる