ふるふる好楽

アクセスカウンタ

zoom RSS ジェジュン 『Dr.JIN』HP写真&記者懇談会 20120706

<<   作成日時 : 2012/07/07 00:06   >>

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 2

今日はこれを書いたら寝ます。
昨日『Dr.JIN』の記者懇談会が開かれました^^
写真と映像、そしてインタビュー内容アップされています。
ジャッカルが来る、の写真も1枚アップされていました。

書くのを忘れていましたが、
ジェジュンの「Dr.JIN」ファンミーティングが開催されますね。


握手・・・・・@@



★ドラマ「Dr.JIN」

13話予告映像
[JaeF] 13




☆「Dr.JIN」HP
http://www.imbc.com/broad/tv/drama/drjin/

現場写真
http://www.imbc.com/broad/tv/drama/drjin/photo/

画像

画像

画像



☆「Dr.JIN」記者懇談会 20120705

映像^^
120706 닥터진 기자간담회 현장 전격 공개!


ジェジュンカット
120706 JAEJOONG




「Dr.JIN」HPより
http://www.imbc.com/broad/tv/drama/drjin/photo/

画像

画像

画像

画像

画像



MBC PR ‏@MBCnestツイッターより
https://twitter.com/#!/MBCnest

画像

画像

画像

画像


☆記者懇談会ニュース記事

「Dr.JIN」記者懇談会…JYJ ジェジュンの演技の秘訣は“うるんだ瞳”?
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1946385&categoryCode=IV

MBC「Dr.JIN」記者懇談会開催…「馬とも親しくなった」
一人の男性が急いで飛び込んできた。何度も「申し訳ございません」と謝罪してから、席に着いた男性はJYJのジェジュン。メンバーからMBC「Dr.JIN」で強直な従事官キム・ギョンタクに変貌を遂げた姿だ。

5日午後、京畿道(キョンギド)安城(アンソン)市の撮影セットで、MBC「Dr.JIN」の記者懇談会が開かれた。撮影スケジュールが押してしまい、ジェジュンも約30分ほど遅れて参加したが、残りの時間は誰よりも真面目な姿勢で質問に答えていた。

JYJ ジェジュン「チソンとチン・イハン?2人とも親しいけど…次の質問ありませんか?」
ジェジュンは劇中で従事官として出演するだけに、他の俳優よりも馬と一緒にいる時間が多い。ジェジュンは「1〜2匹ほど、同じ馬に続けて乗ることになったので親しくなった」と話した。休憩時間にも馬に乗って、絆を深めているとのことだ。ジェジュンは乗馬の魅力を「寒い日は馬の体温のおかげで暖かいし、暑い日は風のおかげで涼しい」と話して微笑んだ。

また、初の時代劇への挑戦にも関わらず安定した演技で好評を博しているジェジュンは「脚本家とプロデューサーのおかげだ。メンバーの演技も全部見たけど、まだまだ僕がビリのようだ」と謙遜の言葉を述べた。続けて、「足りない面が多いけど、キャラクターに集中できる。見てくださる方々もキャラクターを理解してくださっているようで、感謝したい」と話した。

彼ならではのノウハウもあった。ジェジュンは「作品序盤、監督に『笑顔を注文したのにずっと悲しい目をしている』と何回か言われたことがある」とし、「うるんだ瞳を悲しいシーンで生かしてみたら」というアドバイスを受け、最近はそのようにしている」と話した。

そのおかげもあってか、ジェジュンは共演者とも親しくなり、楽しく撮影を進めている。代表的な仲間は、劇中で親友として出演するチン・イハン(ホン・ヨンフィ役)。ジェジュンは「もともと知り合いだったけど、今回共演するシーンが多く、さらに親しくなった」とし、「8歳年上の兄さんだけど、友達のように気楽に接してくれて、お互い連絡も頻繁に取り合っている」と話した。

前作のSBS「ボスを守れ」では、チソンと親しく撮影した彼であるため、「どっちとより親しいか」という質問には、「2人とも親しいけど…」とし、「答えに詰まっていますが、次の質問のある方はいませんか」と話し、笑いを誘った。

イ・ボムス「ジェジュンの演技に高得点をあげたい」
先輩俳優も彼の演技に合格点をつけた。イ・ボムスは「与えられた状況で“真心で表現する”という目標に集中し、相手役の演技を見て反応するのが、俳優間の呼吸だと思う。ジェジュンの演技に高得点をあげたい」と話し、目を引いた。

理由はこうだった。「ジェジュンは演技をするとき、“感じるふりをするのではなく、本当に感じて演技する”姿が見えた」ということだ。イ・ボムスは「その感じを伝えるために努力して集中する姿が良い。劇中でジェジュンと共演するシーンに期待しているし、見守りたい」と話した。

また、イ・ボムスは「ジェジュンのファンたちが“僕の出演分が多くてキム・ギョンタクの出演が減った”と不満を表したが、僕とジェジュンの分量は何の関係もないことを必ず伝えてほしい」とし、笑いを誘った。それに対してジェジュンも「イ・ボムス先輩と僕の分量は関係ないことを申し上げます」とセンス良く応じた。

最後にジェジュンは、残りの「Dr.JIN」の撮影を控えた覚悟を伝えた。ジェジュンは「視聴者から『痛くてバカバカしいキャラクター』と言われたが、キム・ギョンタクは自身の持つ信念を守ろうとしているだけ」とし、「ただ、周りの状況のせいで痛みだけが見られるようだ」と話した。また彼は、「信念を守るたびにギョンタクは、悲しむよりもさらに強くなると信じている」とし、視聴者からの関心を仰いだ。



JYJジェジュン、『ドクターJIN』イ・ボムスが演技を絶賛・・・「高得点」
http://woman.infoseek.co.jp/news/k-pop/kstarnews_entame1304655796

『タイムスリップ ドクターJIN』(原題/以下、ドクターJIN)のイ・ボムスがJYJジェジュンを高く評価した。

イ・ボムスは5日午後、京畿道(キョンギド)安城(アンソン)にあるMBC『ドクターJIN』のセット現場で開かれた現場公開記者懇談会で共演者ジェジュンの演技を絶賛した。

ジェジュンは今回のドラマで従事官キム・ギョンタクを演じており、カリスマ性がありながらもいじらしい演技で視聴者から好評を得ている。イ・ボムスは、「ジェジュンに高い点数をつけたい。ジェジュンは演じる際、心の底から感じながらやっているのが良い。感情をうまく伝えようと集中している。そういう面がいいと思う」と語り、「ジェジュンとからむシーンが多いのを期待している。もっとそういう姿を見てみたい」と願望を述べた。

一方、イ・ボムスからほめられたジェジュンは、「ありがたい」と話し、「たくさんの方がギョンタクはバカみたいなキャラクターだと言うが、多くの試練があるからそう見えるのだと思う。ギョンタクにはつらいことがたくさんあったが、悲しみに耐えながら、もっと強くなって幸せになろうと思う。これからも一生懸命頑張りたい」と今後のドラマにのぞむ覚悟を明らかにした。

<イ・ミヨン記者:Joynews24>


「Dr.JIN」イ・ボムス“JYJ ジェジュンの演技力に高い点数をつけたい”
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1946345&categoryCode=PU



ジェジュン、「JYJメンバーの演技の順位は・・・」
http://woman.infoseek.co.jp/news/k-pop/kstarnews_entame1304655797

JYJのジェジュンが、「JYJのメンバーのうち、僕の演技力が最下位」と話した。

ジェジュンは5日午後、京畿道(キョンギド)・安城(アンソン)のあるドラマセット場で行なわれたMBC『タイムスリップ ドクターJIN』(原題/以下、『ドクターJIN』)の撮影現場公開および記者懇談会でこのように語った。この記者懇談会には主演俳優のソン・スンホン、パク・ミニョン、イ・ボムス、ジェジュン、イ・ソヨンらが出席した。

ジェジュンは、「所属グループJYJのメンバーの3人が全員演技をしているけれど、メンバーの中で演技順位を決めるとしたら、どのように考えるか」という取材陣の質問に、「僕が最下位」と答えた。ジェジュンは、「ジュンスのミュージカルも見て、ユチョンのドラマも見たけれど、僕はもっと一生懸命やらなければならないと思う」と笑った。

またジェジュンは、「視聴者たちがキム・ギョンタクというキャラクターは試練が多いと思っているけれど、キム・ギョンタクは自分の信念を守っている。そのたびにキム・ギョンタクはもっと強くなって幸せになるのだから、そんな意味をたくさん考えてくれたらうれしい」とキャラクターに対する愛情を見せた。

<カン・ソヨン記者:スターニュース>


JYJジェジュン、『ドクターJIN』での人気を分析・・・「キャラをしっかり作ってくれたから」
http://woman.infoseek.co.jp/news/k-pop/kstarnews_entame1304655799

『タイムスリップ ドクターJIN』(原題/以下、ドクターJIN)に出演中のJYJジェジュンが、自ら演じるキム・ギョンタクの人気について語った。

ジェジュンは5日午後、京畿道(キョンギド)安城(アンソン)にあるMBC『ドクターJIN』セット現場で開かれた現場公開記者懇談会に出席した。

ジェジュンは今回、従事官キム・ギョンタクを演じながら、カリスマ性がありながらもいじらしい眼差しなどで視聴者から人気を得ている。ジェジュンはこれについて、「脚本家の先生がキャラをしっかり作ってくれたのだと思う。足りない面もあるが、キャラクターにきちんと集中し、視聴者の方たちもそれをわかってくれていると思う」と分析してみせた。

ジェジュンの目の演技については、「作品を始める時に、監督から『笑えと言っているのにどうして悲しい目をするんだ』と何回か言われたことがあった。そうしながら、その目を悲しいシーンで活かしてみろと言われたのを思い出す」と振り返った。

ジェジュンが時代劇に初めて挑戦したことについて、周囲の反応も良かった。JYJのメンバーや共演者イ・ボムスはジェジュンの演技を称賛している。

ジェジュンは、「僕たちは毎週撮影している様子をモニターで見るので変化が遅いが、メンバーに聞くと、『うまくやっているな、一生懸命やっているじゃないか』などとほめてくれる」とメンバーの反応を伝えた。

<イ・ミヨン記者:Joynews24>


ドラマ「Dr.JIN」で熱演 JYJジェジュン
http://www.asahi.com/showbiz/korea/AUT201207060062.html

韓国人気グループ「JYJ」メンバーのジェジュンが、MBCドラマ「タイムスリップDr.JIN」で好演している。

 京畿道・安城の撮影現場で5日、記者懇談会が開かれた。時代劇の衣装に身を包んだジェジュンは、憂いに満ちたまなざしが役柄そのままのようだった。彼が演じるのは名家の庶子キム・ギョンタク。男性にしては色白で声のトーンも柔らかいせいか、視聴者からは「ひとり苦労し、ばかを見るキャラクター」と言われ、監督からも撮影当初は「笑えと言うのに、何でそう悲しそうな目をするんだ」とたびたび指摘された。それでもジェジュンは「キム・ギョンタクは自分の信念を貫くだけ。置かれた状況のためにつらそうに見えるのかもしれないが、試練のたびにより強く、幸せになれると思う」と語った。

 「JYJ」はメンバー3人全員がそれぞれ演技にも挑戦。特にユチョンは主演ドラマでの好演が光る。ジェジュンは、「JYJ」の中で自分の演技の点数が「ビリ」と厳しく評価しながらも、脚本家と監督のおかげでキャラクターに集中できるようになったと、手ごたえを感じているようす。

 ドラマ出演は2作目で、前作「ボスを守れ」に比べると目を見張る成長ぶりとの意見が多い。今回共演するイ・ボムスも「ジェジュンは『感じるふり』ではなく、本当に感じながら演じている。その感覚を伝えようと努力し、集中している」と評価した。

 メンバー同士では励ましの言葉をかけても、演技の指導をしたり詳しい話をしたりはしないようだ。ジェジュンにはやはりファンが大きな支え。彼の出番が少ない日には、ファンからの抗議が殺到するという。

 「多くの方が関心を持ってくださることが楽しく、一つの『意味』でもあり、感謝している。それに応え、キム・ギョンタクのキャラクターをうまく生かし、頑張りたい」と意気込みを語った。


「Dr.JIN」JYJ ジェジュン“キム・ギョンタクは自分の信念を貫くだけ”
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1946368&categoryCode=PU

人気グループJYJのメンバーであるジェジュンが、MBCドラマ「Dr.JIN」で好演している。

5日、京畿道(キョンギド)安城(アンソン)市の撮影現場で「Dr.JIN」の記者懇談会が開かれた。時代劇の衣装に身を包んだジェジュンは、憂いに満ちたまなざしが役柄をそのまま表しているようだった。彼が演じるのは名家の庶子キム・ギョンタク。男性にしては色白で声のトーンも柔らかいせいか、視聴者からは「ひとり苦労し、ばかを見るキャラクター」と言われ、監督からも撮影当初は「笑えと言うのに、どうしてそう悲しそうな目をするんだ」とたびたび指摘された。それでもジェジュンは「キム・ギョンタクは自分の信念を貫くだけ。置かれた状況のためにつらそうに見えるのかもしれないが、試練のたびにより強く、幸せになれると思う」と語った。

JYJはメンバー3人全員がそれぞれ演技にも挑戦している。特にユチョンは主演ドラマでの好演が光る。ジェジュンは、JYJの中で自分の演技の点数が「ビリ」と厳しく評価しながらも、脚本家と監督のおかげでキャラクターに集中できるようになったと、手ごたえを感じている様子だ。

ドラマ出演は2作目で、前作「ボスを守れ」に比べると目を見張る成長ぶりとの意見が多い。今回共演するイ・ボムスも「ジェジュンは“感じるふり”ではなく、本当に感じながら演じている。その感覚を伝えようと努力し、集中している」と評価した。

メンバー同士では励ましの言葉をかけても、演技の指導をしたり詳しい話をしたりはしないようだ。ジェジュンにはやはりファンが大きな支え。彼の出番が少ない日には、ファンからの抗議が殺到するという。

「多くの方が関心を持ってくださることが楽しく、それが一つの“意味”でもあり、感謝している。それに応え、キム・ギョンタクのキャラクターをうまく生かし、頑張りたい」と意気込みを語った。


「Dr.JIN」JYJ ジェジュン“チン・イハンとはもともと親しかった”と明かす
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1946322&categoryCode=PU

JYJのジェジュンがドラマで共演した俳優チン・イハンとの仲をアピールした。

ジェジュンは5日の午後、京畿道(キョンギド)安城市(アンソンシ)の撮影セットで行われたMBC週末ドラマ「Dr.JIN」(脚本:ハン・ジフン、チョン・ヒョンジン、演出:ハン・ヒ)の記者懇談会で「チン・イハン先輩はもともと知り合いで、仲が良かった」と明かした。

ジェジュンとチン・イハンはドラマでキム・ギョンタクとホン・ヨンフィ役で、子どものころからの親友である間柄を演じた。しかし、民乱を主導したヨンフィと命をかけた決闘の末、チン・イハンは命を落とし、罪悪感でギョンタクは苦しんだ。このシーンに視聴者は一緒に悲しんだ。

ジェジュンは「プライベートでも仲がいい。実際は8つ上だが、チン・イハンが友人のように接してくれる。お互い連絡もしているので、もっと仲良くなったと思う」と話した。

ファンタジーメディカルドラマ「Dr.JIN」はタイムスリップで現代から飛んできた天才外科医ジン・ヒョクが朝鮮時代で経験する様々なエピソードを歴史的な事実を交えながら描いている。毎週土日の夜9時55分から韓国のMBCで放送されている。



★ジェジュン「ジャッカルが来る」
http://blog.naver.com/aazhomme?Redirect=Log&logNo=70141689256 より^^

画像

画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
イ・ボムスさんにほめられた記事を読んでうるっとしちゃいました。ジェジュンがほめられるとうれしい〜!
まさみ
2012/07/09 14:47
>まさみさん
返信遅くなりました!
イ・ボムスさんに褒められるなんて、
とっても嬉しかったですね^^
一緒に照れてしまうというか・・ww
ふふ。
ふるふる
2012/08/02 01:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジェジュン 『Dr.JIN』HP写真&記者懇談会 20120706 ふるふる好楽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる