ふるふる好楽

アクセスカウンタ

zoom RSS ジュンス 「エリザベート」インタビュー記事 20120130-31

<<   作成日時 : 2012/01/31 22:56   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日は遅く帰ってきたので、
ブログを書いてる途中で眠くなり(+◇+)
アップ遅くなりました〜。
ジュンスのインタビュー記事がたくさんアップされました^^
役に合わせて、クールな雰囲気。
でも、笑顔もやっぱり^◇^

★ジュンス 「エリザベート」インタビュー記事 20120130-31

(写真処:ニュース記事)


画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


韓国記事(一部のみ翻訳機にかけました)

キム・ジュンス"正解がない役だとさらに惹かれました"
http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?articleid=2012013014153544001&linkid=4&newssetid=1352

正解がない"死"超越的な役割に惹かれた
http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?articleid=20120129215011750k7&linkid=4&newssetid=1352

キム・ジュンス"ミュージカルが新たな希望探すようにして…いつも新しい姿を見せてくれる"
http://news.hankooki.com/lpage/culture/201201/h2012013021173484310.htm


[인터뷰] 가수 겸 뮤지컬 배우 김준수(HD)



キム・ジュンスは"今の人生に感謝するが生まれ変わるならば芸能人はなりたくない"とした。
"得るのがあれば失うのもあるはずだが、
それでも歌手をしながらなくした素朴で平凡な人生を経験したい"と話した。


この男、本当に人を混乱させる。 前所属会社との葛藤とその後遺症を体験して早く分別がついたためなのか年齢に比べて成熟した返事をさらさらならべながらも、すぐきゃっきゃっ笑っていたずら心幼い20代半ばの平凡な青年に戻る。

グループJYJのメンバーでありミュージカル俳優のキム・ジュンス(シア・ジュンス・25)だ。 30日ミュージカル'エリー者ベット'の開幕を10日前にして彼に会った。 2010年'モーツァルト!'でデビューして昨年'天国の涙'と'モーツァルト!'再公演舞台に立った彼の三回目出演作だ。

彼はミュージカル界にそれこそすい星のように登場した。 自他共認ミュージカル界トップスターチョ・スンウに匹敵する興行カードに浮び上がったうえに、その間出演した作品らに対する公演界の評価も悪くない。 市場を育てることができるスターを探したミュージカル界としてはうれしい贈り物になったもようだが、彼にもミュージカルは人生の大きい贈り物だ。

"(東方神起脱退以後)誰も私を探してくれないで人に会うことさえ恐れた時期に希望を探すようにしたのがすぐにミュージカルでした。 観客と疎通できる唯一の媒介体だったので切実な気持ちでミュージカルに挑戦することになったことでしょう。"

もちろん"30,40代ぐらいミュージカルに出演したい"という漠然とした夢を持っていた彼は予期できない達した挑戦に恐れも多かった。 "心配も多くて悩みも多かった時期に久しぶりに舞台に上がって上手にする歌手でソでないなじみがうすいミュージカル俳優として立たなければならなかったですから。"

運良くも初めて引き受けた役割が芸能人としての人生を悩んだ自身とそっくり似たモーツァルトであった。 "天才的才能のために自身の人生から自由でなかったモーツァルトを演技しながら勇気をたくさん得た"という彼はこの作品以後ほとんどすべてのミュージカルのキャスティング提案を受ける程ミュージカル俳優でも株価を上げることになった。

そのような彼が色々な作品を拒んで選んだのが'エリザベート'だ。 2年前ミュージカル コンサート舞台であらかじめ挿入曲に接しながら早目に出演を希望したという。 実存人物のオーストリア エリザベス皇后の一代記を扱った今回の公演で彼は死を擬人化したキャラクタートドゥを演技する。 トドゥは幼いエリザベスの美しさに反して一生彼のそばに留まって誘惑する役割だ。 選択の基準は"安住せずにいつも新しい姿で観客と会おう"という風だった。 彼は"何よりしたいのとしなければならない役割が違う法"としながら"そうそうたる先輩たちが経た'ジキルとハイド'のような作品は上手くしてこそ元手であること"としながら笑った。

"私がアンサンブルからじわじわ配役を育てて主人公になったミュージカル俳優ではないから相変らず私を否定的な視線で眺めるミュージカル ファンもあります。 それを変化させることができる程努力するのが私の持分(役割)でしょう。"

彼を眺めるまた他の否定的な視線は既存ミュージカル俳優より飛び切り高い出演料だ。 'モーツァルト!'初演当時ランニング ギャランティーを歩いて一回当たり3,000万ウォンの出演料を受けた。 彼は"ミュージカルが違うジャンルに比べて市場規模がとても小さいと見ると他の媒体には珍しい高額出演料論議があるようだ"として"高い出演料も正当な価値を反映したことならば問題にならないようにミュージカル市場を育てるのに一助となりたい"と話した。

ふと短い時間に人生の苦味と甘みを全部味わった彼の人生設計家気がかりだった。

"人生がどこへ行きたいとおり行くことになるのですか。 何かを定めるよりは60代、70代になっても常に挑戦して俳優は生活を送る人になりたいですね。 一応私に新たな希望を植えたミュージカル界に報いることができることから探さなければならないですね。"

公演2月9日〜5月13日ブルースクエア三星ホール。



“チョ・スンウヒョンと競争? そのように見られると困ります”
http://www.hani.co.kr/arti/culture/music/516926.html


ファイティン^^

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジュンス 「エリザベート」インタビュー記事 20120130-31 ふるふる好楽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる