ふるふる好楽

アクセスカウンタ

zoom RSS JYJ ベルリン(ドイツ)ワールドツアーコンサートA 20111106

<<   作成日時 : 2011/11/08 00:14   >>

ナイス ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 1

続いて、JYJベルリンコンサートをとりあげた
ニュースを集めておきます^^
韓国ニュースでまたたくさん取り上げられました。


[TV] 111107 YNT News - JYJ Concert in Berlin


ユチョンがコメントしてますが、
訳を書いてくださったかたがいるのでお借りしました。
@runa0418(ルナさん)
http://twtkr.olleh.com/view.php?long_id=LlxYI

ユチョン:初めてお尋ねしたのにこんなに沢山愛してくださるのを見たら今度また、ヨーロッパに沢山お尋ねしたいと一番始めに思いましたし、今回はスペインとドイツでしたが、次回は本とにもっと沢山の国を回れればいいと。。。


★ニュース記事
JYJ、ドイツでワールドツアー終了…「意味のある成果」
http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=7&ai_id=140467

グループJYJがドイツ・ベルリン公演を最後にワールドツアーを終えた。

JYJは6日午後9時(現地時刻)、ドイツ・ベルリンのTEMPODROMで公演を盛況に終えた。

この日の公演にはドイツだけでなくヨーロッパ各地から集まった約3000人のファンが会場を埋め、JYJの歌を一緒に歌い、「愛しているJYJ」を叫んでアンコールステージを待った。グループJYJ(ジェジュン、ユチョン、ジュンス)は、2時間の間15曲を披露してスペインでの単独公演に成功したのに続きドイツ公演も盛況に終えてヨーロッパ ツアーを締めくくった。

ベルリン現地の反応は熱かった。すでに10月にチケットオープンするやいなやサーバーダウンおよび当日完売を記録して期待を与えた都市であるだけに、公演4時間前からファンたちが集まって公演会場を取り囲んだ。JYJも情熱的な応援に最善のステージを披露した。ワールドワイドアルバムのタイトル曲「EMPTY」と「Ayyy girl」などを始め、韓国語アルバムのタイトル曲「In heaven」と「Getout」で華麗なステージをプレゼントした。


JYJは「本当に来てみたかったドイツにやっと来れたし、皆さんに会って幸せです。ドイツの食べ物が本当においしかったし公園も素敵だった」と話した。特にメンバーのジュンスは「普段から父のように思っているミュージカル『モーツァルト!』の音楽を担当したシルヴェスター・リーヴァイ (Sylvester Levay)の国、ドイツに来れて本当にうれしい。皆さんから受けたありがたいエネルギーで来年にさらに跳躍するJYJになります」と所感を語った。

C-JeSエンターテインメントのペク・チャンジュ代表は「まだヨーロッパはK-POPのマニア層が形成された程度だ。だがJYJだから小規模といっても正式単独公演をできたのだと思う」とし、「期待以上のものを見せてくれたヨーロッパのファンたちの情熱と応援に感謝を申し上げ、来年のワールドツアー時にも必ずまた公演を推進する」と話した。

一方、JYJは今回の公演を最後に2011年13都市ワールド ツアー大長征を締め切る。

JYJは「北米とアメリカを含むアジアとヨーロッパをつなぐ意味ある成果だった。12月は各自休息を取って音楽作業に没頭する予定で、真のワールドツアーをしっかりやるための努力を続けていく予定」と話した。


JYJ、スペインに続きドイツの単独公演も大成功!
http://japanese.joins.com/article/317/145317.html?servcode=700&sectcode=720

“韓流アイドル”JYJが、スペインに続いてドイツでもK−POPを歌い上げた。

JYJは6日午後9時、ドイツ・ベルリンに位置するテンポドローム会場で3000人余りのファンの前で単独コンサートを成功させた。ドイツの現地ファン以外にも、フィンランドやスウェーデンなどの北欧やポーランド・ロシアなどの東欧から集まったファンは、2時間に渡って行われたコンサートの間中、正確な韓国語の発音で彼らの歌を一緒に歌い、関係者を驚かせた。

JYJは2時間の公演中、ヒット曲15曲を披露した。ワールドワイドアルバムのタイトル曲「Empty」で公演の砲門を開いた後、「Ayyy Girl」「In Heaven」「Get out」などを連続で歌い、雰囲気をリードした。爆発的な歌唱力はもちろんのこと、パワフルな振り付け動作で欧州ファンに感動を与えた。

JYJは「本当に来たかったドイツに、ついに来て皆さんに会えて幸せ。ドイツの音楽は本当に素晴らしく、コンサートもよかったと思う。皆さんに感謝のエネルギーをもらった。来年は一層跳躍したJYJになりたい」と感想を語った。

所属事務所の関係者によると、ベルリン現地の反応は熱かったという。10月、チケットの販売と同時にサーバがダウンし、当日のチケット完売を記録するなど期待感が高まっていた。また、公演開始4時間前から集まり始めたファンの列が公演会場を取り巻く珍風景も見られた。公演の主催者側は「前の座席を取ろうとファンがテントで野宿していた。ドイツではポップ歌手にあまり熱狂しないが、JYJの公演は異例」と伝えた。

所属事務所の代表は「まだ欧州はK−POPブームの勢いが弱い。世界的な認知度があるJYJだからこそ小規模でも単独公演できたと考えている。欧州ファンの情熱と声援に感謝し、来年のワールドツアーには必ずまた公演を行いたい」と話した。


「JYJ」ドイツ公演、欧州各地からのファン3千人熱狂
http://www.asahi.com/showbiz/korea/AUT201111070042.html

6日にドイツ・ベルリンで開かれた韓国人気グループ「JYJ」のコンサート開場は、欧州各地から集まったファンで熱気に包まれていた。

 3000席の客席をほぼ埋めたファンは「In Heaven」、「Get Out」、「Pierrot」などの曲を韓国語で歌い、振り付けを一緒に踊るなど熱狂した。

 「JYJ」のユチョンが「ドイツは非常に寒いが、ファンの熱気で暖かく感じる」とあいさつすると、ファンは「JYJ、サランヘヨ(愛してる)」と歓声を上げた。

 ベルリンは東欧と北欧に近く、ポーランドやハンガリー、チェコ、デンマーク、ロシアなど、ドイツ以外から集ったファンも多かった。ポーランドのヴロツワフ大学韓国語科の学生、ジャスティンさんは、「韓国語科の学生5人と来た。K−POPが好きで韓国語科を選択した」と熱い思いを語った。


 ファンの多くは「JYJ」の最近の消息にも詳しい。5時間半かけてチェコから来たという女性は、「東方神起だった5年前からJYJが好きだった。(所属事務所との契約をめぐる対立で)『JYJ』が韓国と日本での活動が制限されたため、私たちが勇気を与えようと一層応援した」と話した。


 韓国の音楽や文化をドイツ語と英語で紹介するインターネット・マガジンを運営するドイツ人女性は、「今回の公演でドイツにもK−POPファンが多いことを知らせる契機になった」として、より多くのK−POPグループの公演を期待していた。

 「JYJ」は今回の公演について、「欧州のスタイルに合わせるというより、韓国らしく、『JYJ』らしいステージを見せようと努力した。ファンが喜んでくれてうれしい」と感想を語った。


JYJヨーロッパ公演、ベルリンでも大盛況!ファンの熱狂の中で幕を閉じる!
http://www.k-plaza.com/news/enter_news_5451


韓国記事

(翻訳機にかけました)

【現地レポート】"ジャージを着たJYJ vs車椅子乗った熱烈なファン"...ムデバク1mm(スケッチ)
http://dispatch.co.kr/photo/detail.asp?idx=5665&category=7&subcategory=23&page=1

画像


2011 JYJワールドツアー"の最後の公演は去る6日午後9時(現地時間)ドイツベルリンのテンポドロームで行われた。韓国歌手初の単独コンサート。この日の公演には、ドイツ、地元はもちろん、オランダ、スウェーデン、ポーランド、ロシアなど各国で約2,800人のファンが殺到した。

リハーサルで会ったJYJは、ソーナチュラル(?)した。ミンナトエジャージ姿。快適なダンスを踊って、歌う姿は、舞台では見られない風変わりな光景だった。観客席も風変わり。欧州各国の国旗がノムシルデトダ。機知に富んだ韓国語プラカードもあふれた。障害もファン心を止めることはできなかった。車椅子に乗ったファンたちの熱狂的な応援にも欠くことのできない隠れた名場面だった。

ドイツのベルリンで直接確認した異色の光景'1 mm'を集めてみた。

◆"ジャージを着たJYJ、リハーサルも実戦のように"

開演前、リハーサルに出たJYJは、舞台の上とは180度違っていた。ミンナトエ手入れされていない髪、快適なジャージのズボンとTシャツ。普段は見ることができなかったナチュラルな姿を見ることができた。衣装は気楽だったが舞台のチェックは良心的だった。コンプライアンスは、音響の音量まで丁寧にチェックした。ユチョンとジェジュンは、銅線を一つ一つ察してスタッフたちと話を交わした。

◆"ハングルもOK、ウキャンキャン!私たち一緒に笑って"

センスあふれる韓国語プラカードも多かった。見知らぬ国の言語ですが、ファンには"イッツOK"。"私たち一緒に笑います。ウキャンキャン"とインターネットの用語を使用したファンがいた。"ジェジュンア守ってくれるよ"など、気の利いたフレーズを入れることもあった。さらにJYJメンバーたちに見せるために自分の名前を直接ハングルでプラカードに記されるなど、"ハングル"にもある程度馴染みの姿を見せた。

◆"フランスからギリシャまで、世界の国旗だモヨトネ"

国境も超越した。JYJベルリン公演には、ヨーロッパのあちこちでファンが集まった。国旗を見れば知ることができた。近くにはフランス、ギリシャ、ポーランド、イタリアなど欧州各国の国旗を見ることができる。さらに、中国、日本、タイなどアジア圏ファンたちもそれぞれの国旗を持って振った。グローバルなKポップの認知度を知ることができる不思議な風景だった。

◆"車椅子乗った熱烈なファン、障害も問題はない"

障害も問題にならなかった。JYJのベルリン公演では挙動が不便なファンを見ることができる。車椅子に乗って、首にホースが挟まった。しかし、応援は誰よりも熱くした。まず、頭からつま先までJYJ応援インデックスレッドの衣装を着ていた。そして、手を左右に振って、韓国語の歌を付いて歌った。障害は障害であるだけ。誰よりも情熱的な応援を送った。

◆"自由奔放ユロプペン、振ってください"

クラブの雰囲気そのもの。それだけヨーロッパのファンたちは自由奔放だった。JYJが踊れば、彼らも踊った。手を左右に振り、音楽に合わせてジャンプした。公演が続く2時間ずっと休まずに体を横に振った。応援棒を振る、やや消極的な(?)韓国ファンたちとは違っていた。体で最初に見せてくれる姿に、会場内の熱気はさらに熱くなった。

画像

画像

画像

画像

画像

画像





翻訳機なのでなんとなく、の意味ですが・・m(・ω・m)
ベルリン公演を観に行ったファンをうつした写真、良い雰囲気ですね^^





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 28
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
K-POPや韓国関連ブログを運営している「ハングルマン」と申します。
突然のメールで大変恐縮ですが、本日は「相互リンク」のお願いをさせていただきたくご連絡いたしました。

● K-POPブログ ⇒ http://hangulman.com/
● WEBレッスン ⇒ http://hangulking.com/

まだそれほど知名度がある訳ではありませんが、自前で構築したデザインとオリジナルな記事コンテンツには自信を持っています。

まだ歴史の浅いブログですが、訪問者数も徐々に増えております。

宜しければ、これを機に「相互リンク」を設置させていただけないでしょうか。(お気に入りブログへの登録でもOKです)

ご一報いただければ、まずは当方で貴サイトを紹介させていただいてから再度ご連絡させていただきます。

ご査収のほどよろしくお願いします。

● PS
「twitter」では1万人以上の方にフォローしていただいており、「YouTube」チャンネルの動画再生回数は約50万回あります。決して怪しいものではありません。(~_~;)
K-POPな韓国語講座「ハングルマン」
2011/11/10 15:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
JYJ ベルリン(ドイツ)ワールドツアーコンサートA 20111106 ふるふる好楽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる