ふるふる好楽

アクセスカウンタ

zoom RSS ジェジュン 「ボスを守れ」関連インタビュー記事I 20110720

<<   作成日時 : 2011/07/20 21:59   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

今日はさすがにぐったりしてしまいました。
が、そんな中、またジェジュンの素敵写真が!
インタビュー記事が今日もアップされました^^

どちらも
今までの写真と違い、演出が(花とか)あって
綺麗ですね^^


画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像



(翻訳機にかけました)
日本語訳記事求む・・・;^^

キム・ジェジュン、"年上の女と恋愛、結婚全部OK"[インタビュー]
http://osen.mt.co.kr/news/view.html?gid=G1107200071

画像

画像

画像


挑戦を恐れない男、キム・ジェジュンが今まさに新しい出発線に立った。 舞台での男性美あふれてセクシーな姿で今は演技者で視聴者たちの心を盗むすべての準備を終えた。 白い顔に魅力的な目(雪)を自慢するこの男はよどみなくて熱情的だった。

キム・ジェジュンはSBS ‘シティーハンター’後続で8月3日初放送されるSBS新しい水木ドラマ‘ボスを守れ’で‘財界のプリンス’チャ・ムウォンで登場する。 ‘財界のプリンス’ラ. その修飾語自体がキム・ジェジュンに非常によく似合うような感じがする。

実際にチャ・ムウォンとちょっと似ている面があるかとの問いにキム・ジェジュンは似た面がないようだといってそれでもちょっと挙げてくれという話に謙虚な返事を出した。

“チャ・ムウォンはとても対人(代印)杯(倍)同じ人物だ。 もちろん大きな野望もあるが誰にでも親切ですべての世の中を見抜いているように器が大きい人だ。 そのような彼と私が似ている面があるというより彼とともになりたい部分がある。 もし私の姿中にチャ・ムウォンの姿と重なる部分ならば後ほど目つきを思う存分撃ちまくることができる瞬間がくればその時にならないだろうか。”

こういう彼の話がさらにチャ・ムウォンというキャラクターに、そのキャラクターを演技するキム・ジェジュンに期待を持つようにする。 ところで実際に彼は実際には知性と三角関係に置かれることになるチェ・ガンヒをひきつける自信がないんだ。

“私同じでもチソン兄が演技するジホンに行く。 長く一緒にいてみるならば情というものもできてそうするところにあって憎い征夷長続きするとジホンとチェ・ガンヒ氏が演技する銀屑は憎いと思う間と見える。”

実際にチェ・ガンヒは年上の女でもある。 キム・ジェジュンは年上の女でも恋愛、結婚全部OKとし姉らに希望のメッセージを伝えるセンスも忘れなかった。

“結婚を考えるならば今ではおよそ10才年上までは大丈夫であるようだ。”

すでにエイタ、上野ジュリなどと呼吸を合わせた日本ドラマ‘素直になれなくて’で抜群の才能を誇ったキム・ジェジュンだが国内ドラマは初めてだ。 そうであるから緊張もたくさんなって期待もしている。 だが、幸いひとまず同僚演技者らには合格点を受けている雰囲気だ。 特にパク・ヨンギュ、チャ・ファヨンなど先輩演技者はキム・ジェジュンに“前に大成する友人だ”として期待感を表わした。

“難しくて習わなければならないことがとても多い。 撮影会場の雰囲気にはやく適応しようとしている。 ところで何より先輩が本当に大切にして取りまとめて下さって力が出る。 役に立つ話もたくさんして下さる。 特にパク・ヨンギュ先輩は夜通し撮影をした後非常に骨を折られるのに大使も何度も合わせて非常に気楽に対してくれられる。”

一遍のドラマを完成させるのは時に極限の体力的な限界を感じるようにさせたりもする。 体力に自信があるかとの質問にキム・ジェジュンは意外に体力にとても自信がある方ではないとし冗談を言った。

“あまりにも撮影現場がお互いを配慮しながら愉快な雰囲気の中で進行されている。 また、私が体力にそのように自信がある方ではないが基本体力はあってそれを信じている。 夜通し撮影が自身はないが熱心にすることであまりにも先輩が疲れるそぶりを見せられなくてさらに熱心にしなければならないと考える。”

キム・ジェジュンは皆が分かるように東方神起でアジア ファンをひきつけたし今はJYJで情熱を燃やしている。 歌手と演技者の最も大きい差がムオシルが気になった。

“ひとまず歌手は舞台に立つ二、三時間にすべてのエネルギーを注ぐ。 演技は着実にそのエネルギーを調節して使うようだ。”

空港ファッションの援助でありファッション アイコン キム・ジェジュンの平常時の姿も気になる。 ところでこの話を交わしている間キム・ジェジュンは意外な話を打ち明けた。 すぐに自身がぶさいくだったとセンガカンダはことだ。 そばにあったスタッフは妄言ではないかとわめく。

“私は醜かったと考える。 本来性格が非常に気さくだがその間こうした話をなぜモテンニャミョン私が自分自身を醜かったと考えれば日好むファンたちに申し訳なかったためだ。 ところで今は気楽に話することができる。(笑)割った方々も多分私の気さくな性格が好きなことであって容貌が良いといわれる方は少数起こるようだ。”

多分ファンたちが聞けばびっくりする話であるようだ。 このように白くて魅力的なのにね。 ところで彼の妄言(?)銀継続された。 この大きい課題で度々笑いが出てきた。 平然とぷつんと投げる彼の語り口がおもしろい。

“歌手活動をする時は頭も派手でアクセサリーもたくさんして皮膚も白くてそうしてみるから服もさらに気を遣って着ることになってそうしたが今は本当に楽に通う。 そうするうちに時々鏡に映ったそのような私の姿を見ながら‘装いで良い暮らしをしたんだな’という考えたりする。”

2004年デビューをしたのでデビュー10年が近づいている。 初めてと最も変わったことは何だろうか。

“舞台の上ではもちろん余裕ができた。 その間環境もたくさん変わったし。 私が考えた時は以前より謙そんをまた探したようだ。 ところでその謙そんにも肯定的な部分、否定的な部分があるのに私のような場合は良くない側であるようだ。 自信がある中で謙そんは良いが自信まで墜落する謙そんは良くないようだ。 私はその程度まで行ったこと同じだ。 今は回復しようと努力している。”

JYJメンバーが皆延期(煙、演技)の部分でも頭角を現わしていて特にパク・ユチョンは演技者でも合格点を受けている。 刺激もなって負担もなるようだ。

“刺激がたくさんなる。 負担になったり話だ。 ユチョンは演技先輩でもありよく開始をしたようだ。 私ももう開始だ。 本当に熱心にする。”

今まで彼を支えた座右の銘のようなものがあるようだ。 キム・ジェジュンは座右の銘がずっと変わるとし今座右の銘としているのを公開した。

“熱心に生きようということだ。 また欲張らないということ。 行き過ぎた欲張れば罰を受けるようだと考えた。”

今まで休むということなしで駆け付けた彼に夢は何かと尋ねた。 やはり予想外の返事が帰ってきた。 夢がないと話す彼から今日に最善を尽くすという情熱あるいは自信のようなものが感じられた。

“夢ということがない。 目標もずっと変わるようだ。 今まで目標をたてればその目標を成し遂げた。 熱心にしただけウンド良かった。 ファンたちの愛があったので可能なことなこともした。 その時その時目標ができてその目標を成し遂げるために努力するならば夢も現実になる。”

最後にキム・ジェジュンはドラマ広報をするのも忘れなかった。 もうまた他の出発線に立った彼が見せてくれる世界はどんな色かその開始がすでに非常に待たれる。

“私の希望は視聴率50%だ。(笑)私たちのドラマは10代から中壮年層まで見ることができるドラマです。
多くの愛お願いします。”


キム・ジェジュン“7度NG出た演説場面冷や汗がダラダラ” (インタビュー@)
http://news.nate.com/view/20110719n34161

キム・ジェジュン“ボス撮影会場の雰囲気とても良くて心配”なぜ? (インタビューA)
http://news.nate.com/view/20110720n05073

画像

画像

画像

画像



キム・ジェジュンが演技者に戻る。 舞台の上でカメラをにらんで時にはにこにこ笑ったこのアイドルは過ぎた時間ぐらい固くなったしそれだけ新しい挑戦の前に毅然とするとみられた。 記事化しないならば何でも話しそうな率直さもその時間を耐えてきた人の余裕で感じられた。 そのような彼がSBS 'シティーハンター'後続に放送される新しい水木ドラマ'ボスを守れ'を通じて新人に帰った。

"なぜ?"という質問にキム・ジェジュンはしばらくしょげた微笑を浮かべた。 最上アイドルで実力を認められて最近では公演演出まで成功的に終えた彼の演技挑戦理由がクングメットントだ. 彼は"煙、演技をしたいという考えは継続した。 日本ドラマ終わった後に韓国でもドラマしたいと考えた"と話した。 "なぜ?"という質問に熱心に返事をしたキム・ジェジュンは突然目つきを輝いて"なぜ記者になりたかったですか?"といたずらに尋ねた。

関係者によればキム・ジェジュンは代作(大作)ドラマ ラブコールも受けたが海外ロケーションがとても長くてJYJワールドツアー日程であきらめた作品もあったと伝えられる。 キム・ジェジュンは"さらにはやくしたら良かったであろうに時期的な問題もあったし合わないのもあった"と明らかにした。

彼は"どうせ演技をしようと挑戦したから本当に熱心にしなければならないつもりだ"として"歌手だけではない演出も熱心にしていて..最大限私どもが発揮できるのをしたい。 私どもが持っている興味がまもなく私どもの才能だと考えるからずっと挑戦するのが良いと考えてそうするだろう"と明確に話した。 彼は対話途中たびたび自身の話をしながらも'私どもの'という表現を使ったりした。

キム・ジェジュンに"自信があるのか"という質問を投げるとすぐに"自信があるといってできなければどのようにするか"という返事が帰ってきた。 彼は"演技者として完成された演技をお見せするという自信があるのではない。 そのままその間でよく融合している姿が見られればそれだけでも良くないだろうか"という風を表わした。

引き続き"1,2部を刷ったが初めて撮影する時と2番目撮影の時と気持ちが違った。 徐々に適応してゆっくりしていく感じだ"として"それでドラマ視聴される方々が見る時序盤には私が大丈夫にしてまたできないがギャップが感じられられるかも知れない。 実際に私がそうした"として笑った。 彼は"ある悔恨会する時ごとにずっと良くなる姿を見せて最終的にはドラマですべての俳優らと共に呼吸する俳優のようならば良いだろう"と付け加えた。

続く梅雨で野外撮影をほとんどできないキム・ジェジュンは思い出す撮影エピソードでNGを7度出したという演説場面を挙げた。 "大使が本当に長かった"としてさらさら詠じる大使はすぐに聞いても発音が絡まらなければならない用語らの連続だった。

"本当に難しくないのか"と同調を求めたキム・ジェジュンは"プルシャッでとった時はさらさらしたが先輩らみなとって最後に私のバストをとる時突然詰まった。 '醤油工場工場長'のように発音が絡まったが一度止めるからずっとNGが出た。 その程度でNG出たのが初めてだった"として"恥ずかしくてこの話しないとした"と笑った。

彼は"幸いなことにスタッフ方々が'ジェジュン、私たちは無援が(劇中キム・ジェジュン キャラクター)便だ'で励まして下さっておもしろい雰囲気の中にとった。 私が演技経験が多かったら少しの間切って行くこともできたが私がちょうど見渡すととても申し訳なかった。 三,四度反復されると式は汗が出たよ。 六回目NGで大声で'とても難しいです'と叫ぶこともした。 履く完成したら端役方々が拍手して下さった"と話した。


キム・ジェジュンの初めての国内ドラマ'ボスを守れ'という就職難を体験した女主人公が紆余曲折の末財閥企業の不良商社の男の主人公を迎える派遣職秘書で就職することになりながら広がる仕事を描いたロマンチック コメディー物だ。

今回の作品でキム・ジェジュンは強大な能力を整えた財界プリンス チャ・ムウォン役を担った。 ビジネスにたけていて紳士的だが冷たいということと冷静さ、ミステリー一面を持っているが従兄弟チャ・ジホン(チソンの方)と会えば幼い時の純粋な姿も表わす人物だ。

普段活動で見られたイメージと多少他のキャラクターに"本人とちょっと違わないのか"と尋ねるとすぐにキム・ジェジュンは"私をごそんじですか?"として開口背負子(しょいこ)笑った。 その特有の性格のおかげですでに対話はインタビューなのかティータイムかわからない警戒(境界)に流れていた。 彼は"私がちょっと笑わせる"として"チャ・ムウォンは身近だが分からないのがないキャラクターだ。 すべての世の中を皆知って洞察力もある。 知識も豊富で"とキャラクターを説明した。

引き続き"違う点は..ひとまず出たプリンスではない。 私は香ばしい方なのにその友人はとても洗練されたようだ。 高貴な態度がざあざあと流れる。 ビジネス的ですっきりしている行動らも私とは若干距離があるようだ。 私が貴族的なのがあまりなくて見るから。 その友人や私も容貌は同じだが"と才覚があるように話した。

韓国ドラマ撮影条件上前に数ヶ月間タイトな撮影スケジュールの中に住まなければならないということに対して"体力はまだあふれ出て覚悟している。 ユチョンがずっと苦労することという(のは)話した。 睡眠も寝られなくて"と整った覚悟を明らかにした。

幸い撮影会場の雰囲気はとりわけ良い。 特に知性、パク・ヨンギュなどの取りまとめるということを受けていて互いに食事やおやつを接待したり最近では知性と共に遊んで彼の家で寝たりもしたと伝えられる。 女主人公チェ・ガンヒはたびたび文字で安否を尋ねて末っ子俳優を取りまとめたりもする。

キム・ジェジュンは和気あいあいとした撮影会場に対して"とても良くて心配になる"と何度を繰り返して話した。 彼は"国内ドラマが初めてなのにとても良いスタッフら、演技者らと一緒にして後ほど他の作品をした時、そうでなければどのようにするか。 良いことから見れば後ほどどれくらい大変か"と打ち明けた。

引き続き"私がウンがあるようだ。 日本ドラマの時もウンがとても良かった。 一緒に作品とる時呼吸する演技者らどうし呼吸やメンバーシップが良くなければ作品が出てこないのにとても良くしてくれられる。 とても家族のようだ"と付け加えた。

今回のドラマで茶目っ気多くの不良財閥チャ・ジホン役を担った知性はキム・ジェジュンに"壊れるのは私がすべてするからすばらしいことはお前がすべてしろ"と話したと分かった。 だが、キム・ジェジュンは"私が考えても冷たくて素敵な話をするキャラクターだがチャ・ジホンが魅力的なので後ほどチェ・ガンヒ氏にアピールする自信がない"と吐露した。

キム・ジェジュンは"主演俳優に対する欲はなかったし今でも同じだ。 キャラクターをどれくらいよく生かすことができるのかが重要なようだ。 先ずはおいしそうにキャラクターをよく生かす助演と認められたい。 欲を出して有名税で主役を演じたい欲はない"と演技に臨む整った考えを明らかにすることもした。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジェジュン 「ボスを守れ」関連インタビュー記事I 20110720 ふるふる好楽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる