ふるふる好楽

アクセスカウンタ

zoom RSS 鬼束ちひろ レコード会社移籍&新作リリース決定 20100228

<<   作成日時 : 2011/03/05 17:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

久々に鬼束ちひろの話題。
レコード会社を移籍して、新作のリリースが決定しました^^
暴行事件などショックなこともありましたが、
たまにファッション系のショップのブログに登場したりして
元気な姿(というか、ファンキーな姿)を見せてくれてました。


昔とは雰囲気ががらっと変わってますが、
これが本当の彼女なんだなぁと、
「papyrus」を読んで感じました。

「papyrus VOL.35」では、
彼女自身の言葉で、
これまでのことを語っています。

暴行事件のこと、
不眠症のこと、
パニック障害について、
ファッションのこと、
NY、
タトゥーについて、など。

私は「月光」から好きになったファンですし、
イベントやライブにも行ってます。
人気が出てからはチケット取れなかったこともあり、
ライブは数えるほどしか観てませんが。
全身全霊で歌っているように見えましたが、
本当に魂を削ってたんだなぁ・・・・・。

いつも
「無理に笑わなくて良いんだよ」
「無理にテレビに出なくて良いんだよ」
って思っていたのでした。

彼女はなんとなく・・、
天才的な芸術家が、
才能があふれすぎて
苦しんで、狂ってしまったのと同じような、
そんな雰囲気があって。



新曲はどんな感じだろう。
エッセイも。

泣き虫で、暴れん坊な素顔・・^^


画像



新レコード会社
フォーライフ 鬼束ちひろ
http://www.forlife.co.jp/artist/?aid=FL09997

鬼束ちひろ 公式HP
http://www.onitsuka-chihiro.jp/


インフォメーションより

2011年02月28日
★鬼束ちひろ移籍&新作リリース決定!自伝的エッセイ発表。

鬼束ちひろは株式会社フォーライフミュージックエンタテイメントに移籍、

2011年04月06日18枚目のシングル『青い鳥』
2011年04月20日06枚目のアルバム『剣と楓』

リリースが決定いたしました。

詳しくはこちらDISCOGRAPHYページをご覧ください。
http://www.onitsuka-chihiro.jp/discography/


papyrus35_hyo1_web250.jpg鬼束ちひろ「私のすべては私のもの」

暴力事件の被害者となった顛末から、
左腕に入れたタトゥー、10年以上
苦しめられている不眠症のことなど、
すべてをありのままに語ったロング
インタビューを独占掲載。

その存在すべてで歌に向かっている
鬼束ちひろの実像がここに。

セルフプロデュースによる撮り下ろし
グラビアも収録した大特集。全25P。

2011年02月28日発売
papyrus Vol.35
定価880円(税込)
幻冬舎

鬼束ちひろ はじめての本。
自伝的エッセイ『月の破片』。

愛する家族、全存在を懸けた歌、不眠症との闘い、
そして通り過ぎた恋……。「鬼束ちひろ」として
重ねてきた30年の記憶を今、一冊に閉じ込める。

2011年04月20日発売
月の破片
1,500円(予価)
幻冬舎

自伝的エッセイのアルバム『剣と楓』との同時発売が決定いたしました。

これからもどうぞ鬼束ちひろをよろしくお願いいたします。



鬼束ちひろ、レーベル移籍&自伝的エッセイを発表
http://natalie.mu/music/news/45625

鬼束ちひろがフォーライフミュージックエンタテイメントに移籍し、4月6日にニューシングル「青い鳥」、4月20日にニューアルバム「剣と楓」をリリースする。さらにアルバムと同日には、初の著書となる自伝的エッセイ「月の破片」も発表する。

鬼束にとってオリジナル作品のリリースは前作「DOROTHY」以来約1年半ぶり。日本とロサンゼルスでレコーディングを行った待望の新作は、独自の世界感が詰まった“原点回帰”とも言える内容に仕上がりつつあるという。

また、自伝的エッセイ「月の破片」は、鬼束が自身について語る衝撃的な内容。愛する家族、全存在をかけた歌、不眠症との闘い、通り過ぎていった恋など、「鬼束ちひろ」として重ねてきた30年の記憶が1冊の単行本にまとめられる。

なお、本日2月28日発売の雑誌「papyrus VOL.35」では計25ページにわたる鬼束の特集を掲載。こちらでは暴力事件の被害者となった顛末から、左腕に入れたタトゥーのことまで、本人の言葉で赤裸々なエピソードが明かされている。


鬼束ちひろ、暴行被害を赤裸々告白 初の自伝&新作同時発売で再始動
http://www.oricon.co.jp/news/music/85231/full/

鬼束ちひろ、シングルとアルバムを4月に連続リリース&自伝的エッセイ発表
http://tower.jp/article/news/75826


papyrus (パピルス) 2011年 04月号 [雑誌]
幻冬舎
2011-02-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by papyrus (パピルス) 2011年 04月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
鬼束ちひろさんの歌は、メラメラ燃え上がる情熱とぶるっと寒気すらする冷静さがある感じがするな。でも、あたたかく包まれる感じ。
世界がぐんと広くて、闇はこんなにも暗いく、その果てしない中で生きてるって感じ。
って言ってるけど私、全ての曲を知らないので、鬼束さんの歌=映画「TRICK」を思い出します(笑)
上の記事を読むといろいろなことがあったんだね。事件のニュースが流れた時は私もビックリしました。それに、あんな過去があって、今も苦しんでいるなんて知らなかったし。
人は誰でも口に出さないだけで、苦しみや悲しみを持って生きているんだとよく思うことがあります。


hiroko
2011/03/06 00:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
鬼束ちひろ レコード会社移籍&新作リリース決定 20100228 ふるふる好楽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる