ふるふる好楽

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「洋菓子コアンドル」 初日舞台挨拶つき 観てきました^^ 20110211

<<   作成日時 : 2011/02/17 00:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 3

映画の感想を書くのは久しぶりな気がします・・。
2月11日に、公開初日を迎えた「洋菓子コアンドル」を観てきました。
初日舞台挨拶つきの回です^^
これは観なきゃ!と思って楽しみにしてました!!!


★「洋菓子コアンドル」
2011年2月11日(金・祝)新宿バルト9 ほか全国ロードショー
http://www.coin-de-rue-movie.com/

幸せのひとくちに心温まる、ビター&スイートな感動物語。

画像


ケーキ作りをやめた元・天才パティシエと、恋人を追って上京したケーキ屋の娘。
二人が偶然出会ったお店は、美味しいケーキとたくさんの人生で溢れていた――
幸せのひとくちに心温まる、ビター&スイートな感動物語。

悲しいときも、落ち込んだときも、美味しいケーキが幸せを運んでくれる。どんな人でも“笑顔”に変えてくれる――東京で評判の洋菓子店を舞台に、スイーツを通して出会った人々の挫折と再生の物語『洋菓子店コアンドル』。
主演は、日本映画界を代表する俳優、江口洋介と蒼井優。初共演となる二人に、戸田恵子、江口のりこ、尾上寛之、加賀まりこ他、個性的な面々が彩りを添える。そして彼らを優しく包み込むのは、いつの時代も女性たちを魅了する “宝石”のようなスイーツの数々。
『60 歳のラブレター』『半分の月がのぼる空』の俊英・深川栄洋が脚本・監督を手がけ、主題歌「明日、キミと手をつなぐよ」を福岡在住のシンガーソングライター、ももちひろこが奏でる。
悲しみを乗り越えること、夢を諦めないこと、そして人生を楽しむこと。その大切さを瑞々しく描き、優しく温かい涙が幸せを紡ぐ、ビター&スイートな感動作の誕生です。

画像


監督:深川栄洋
キャスト:
江口洋介
蒼井 優

江口のりこ
尾上寛之
粟田麗
山口朋華
ネイサン・バーグ
嶋田久作
加賀まりこ
鈴木瑞穂
佐々木すみ江
戸田恵子

画像

画像




この日は、東京にも雪が降った日でした。
そんななか。
初日舞台挨拶は、2回行われ、私はマスコミが入らなかった2回目、
12時からの回を観に行きました^^

舞台挨拶は、
深川監督、江口洋介さん、蒼井優ちゃん、戸田恵子さん、尾上寛之さんが来ました。

挨拶と。

ケーキに、パティシエに対する印象とか想いとか、
この映画を通して、どう感じたかなど。
印象に残った(映画のなかの)ケーキなど。
監督の演出に関してなど。
の質問がありました。

詳しいことまで覚えてはいないのですが、
優ちゃんは、すごくしっかりしてて、頭も良いし、話がわかりやすいな〜と思いました。
江口さん、戸田さんはさすがな感じで、しっかりとまとめて話をするし^^
尾上さんは、すっごく緊張してるんだなと思いましたが、
それはそれでフレッシュ〜〜。
監督は、俳優さんかしらん?と思ってしまうようなおしゃれさんでした。

覚えているのは・・、
監督の演出は、すごく的確で、わかりやすかったようで、
「安心」できたとのこと。
監督自身は、自分が最初に構想していたものよりも
「はみでた」映画になったとのこと。
良い意味で。化学反応みたいな感じでしょうか^^?
実際に俳優さんが演じるのを見ながら、
どんどん変化していったそうで。

脚本は、差し替えられ、
そのページは、全部で70ページくらいはあったとか。
撮影当日とかに渡されるらしいです。
大変だったけれど、チームワークで乗り越えました、
と、優ちゃんが言っていました。

あ、それから、
実際にお店にいったりして、
パティシエは、「職人」なんだなと思ったという、江口さん。
あま〜い世界のようで、厳しさもある。。。



映画の感想

ケーキ作り、と聞いたらば、観に行かなくては!!
です。
昔の話ですが、6年間ケーキ屋で、ケーキ教室に通っていた私。
いつかは、ケーキ屋さんに!なんて夢を抱いたこともありました^^

この映画では、どのように描かれるのだろう^^?
と、期待。

そしてその期待を、良い意味で裏切ってくれたのでした。

ケーキは、とっても素敵な、影の主役であり。
描かれているのは、人生。

それぞれの人生。

涙が、ポロリ。
流れました。


そんなに、簡単に物事は進まない。
技術は身につかない。
うまくはいかない。

悲しいことは突然起こる。
それを乗り越えることはたやすいことじゃない。

うまく人とつきあえない。
ひどいことばかり言ってしまう。
不器用な自分。

ずっと頑張ってきた。
やっと、次のステップに。
でも、そんな時に。。。。


いやになるし、むかつくし、泣きたくなるし。


でも、それでも。


人を幸せにしたい。

がんばりたい。


私は、ある場面で、涙がポロポロ。
あの声だけの演技に、やられたなぁ・・・・。

自分のつくったケーキが、そんな風に食べてもらえたら。
幸せすぎて、嬉しすぎて。

ケーキって、私の場合はですが、
ほとんど、人に食べてもらうために作ります。

自分で食べるために作るひともいるだろうけれど、
私のイメージとして、ケーキって、プレゼント。
もらうものだし、あげるもの。
(ケーキ屋さんが作ってくれたものを、食べることも→もらうもの)
(ケーキ屋さんがお客さんに食べてもらうことも→あげるもの)


美味しいケーキは、人を幸せにする。
それはきっと、愛がたっぷりつまっているからですね。
なんて、思いました。


と、言ってみたけれど、
江口さんが舞台挨拶でも言っていたように、
プロの世界は厳しい。
体力はつかうし、アイデアも出し続け、美味しさを追求していかなくてはいけない。
ですね。


他にも、切なさを感じてうるっときたり・・でした。


優ちゃん演じる、なつめ。
鹿児島の方言をしゃべり、生意気で、自信過剰で、押しが強くて。
でも、可愛くて、憎めない。
優ちゃんの、素朴な雰囲気がマッチして、とっても魅力的な女の子でした^^
上手いな〜って思いました。

映画のなかに出てくる、
コアンドルというお店。
外観もインテリアも、すっごく可愛くて!!
あ〜よいな〜よいな〜って思いました。わくわく。
あの店でケーキ食べたら、嬉しいだろうな〜ニコニコしちゃうだろうな〜^〜^


なんか、まとまらない感想ですが。

良い、映画でした。元気になれる。


そしてっ。
もちろん、映画の後は、ケーキを食べませう。




食べすぎには注意。






蒼井洋菓子店〜大好きスイーツ・ベスト88〜
マガジンハウス
蒼井 優

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 蒼井洋菓子店〜大好きスイーツ・ベスト88〜 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
甘い美味しい洋菓子が食べたいのねん
今すぐ食べたい ...続きを見る
bonzzのブログ
2011/03/16 15:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
私は映画を見て泣いたのではなく、ふ〜ちゃん(ふるふるさんの事、お逢いした時にイメージしたの)のコメントを読んで泣いてしまった。(映画は見ていません)お花にフェアリーがいるのと同じ、手作りには目に見えない不思議な力(愛情なのかな…)が絶対ありますよね、でも本当はケーキ自体にあるのではないのかも…。ふ〜ちゃんのチョコレートケーキ美味しかったな〜。
suzu
2011/02/17 23:31
ふるふるさん
こんばんは!
映画「洋菓子店コアンドル」見に行かれたの
ですね。この映画のポスターを見たときに
韓国映画の「アンティーク」に似てるなぁー
と思って気になってたのですがふるふるさんの
感想を読んでやっぱり見てみたいかも・・と
思いました^^
pomi
2011/02/17 23:54
こんばんは♪
この映画、私もすごく気になってましたぁ^O^
もう、ポスターを見た時点でやられてしまう(笑) 江口さんは、撮影中に甘い物を食べないといけなかったことが辛かったってTVで言ってました^^。
デス・ノートの撮影の時、松ケンも同じこと言ってた(笑)さすがにエルほどは食べなかったと思うけど〜w



hiroko
2011/02/23 01:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「洋菓子コアンドル」 初日舞台挨拶つき 観てきました^^ 20110211 ふるふる好楽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる