ふるふる好楽

アクセスカウンタ

zoom RSS JYJ BillboardMagazineのYoutubeサイトtop映像 など 20101207

<<   作成日時 : 2010/12/08 01:35   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は仕事で遅くなったので、またもやあまり更新できずです。
ジェジュンの真剣ツイの意味を知ろうとおっかけてしまったのもあり(;^^)
少しだけ情報です。
ツイで先にお知らせしたものもありますが。


これだけです(;□;)

あ、SMTOWN LIVE in TOKYO決定しました!が
まだ詳細は8日朝発表なので、まだ書かないでおきます。

明日は2PMのイベント行ってきます。
実はそんなによく知らないのだけど、あのパフォーマンスが観たいと思って!
楽しみです^^

★BillboardMagazineのYoutubeサイト

現在(20101207時点)、
topページを開くと、JYJの映像が流れてます!

画像


こちら↓
http://www.youtube.com/user/BillboardMagazine

JYJ - "Ayyy Girl" LIVE



シークレットライブの時に撮影したものですね^^
インタビューに答えている映像も少し流れます。


その他、トップページではないですが、
映像がアップされてます^^


JYJ - "Empty" LIVE



映像が綺麗で、
大きくしても見やすいです!
(←大きくして観たのです;^^)

素敵だぁ。



ついでに。。上の映像に
英語と日本語訳を追加してくれてる映像が・・。すごい。
歌詞の意味がわかる・・・。
(ファンが作成してくれたもの)

JYJ Ayyy Girl Live & Interview - Billboard (Eng + JP Subs) 日本語字幕付き


JYJ Empty Live - Billboard (Eng + JP Subs) 日本語字幕付き





そして、ファンサイト(英語)の
DBSKnightsにアップされていたインタビュー。
JYJのコンサートに参加したダンサーTelishaさんにインタビューしたよう。


[EXCLUSIVE] DBSKnights Interviews JYJ Dancer Telisha Shaw
http://www.dbsknights.net/2010/12/exclusive-dbsknights-interviews-jyj.html

Interview by
Rachel (MrCKDexter)
Photos by
Anthony Cabaero

画像


Touring with JYJ in America and performing in the JYJ Worldwide Showcase in Seoul has turned dancer Telisha Shaw into an enthusiastic new Cassie.

Only two days after her return to LA, still slightly jet-lagged, Telisha agreed to a phone interview with DBSKnights. She was excited to share about her experience with Jaejoong, Yoochun and Junsu (whom she called "JJ, Micky and Jun"). In the past, Telisha has also danced with artists such as Janet Jackson, Christina Aguilera, and Green Day. But her experience is not limited to dancing, her "first love". Telisha has also acted in television shows Weeds and It's Always Sunny in Philadelphia and in the Hollywood film Step Up 2; The Streets as Felicia.


DBSKnights: So how did you get involved with JYJ?

Telisha Shaw: I knew of an acquaintance out here in LA that I had worked with before and he randomly gave me a call and asked if I knew anyone that could choreograph for this new group that they were working with. I immediately thought of Jeri (Slaughter). Based on our friendship and his repertoire, I figured he’d be a perfect fit especially because it involved the artist dancing. ... I suggested him for the job and everything worked out. ... [JYJ's management] fell in love with him. And after Jeri came aboard, he brought me on as a dancer. ... Pretty quick process! (laughs)

As the JYJ trio were busy in Korea, Jeri Slaughter sent them footage of the choreography to learn. At the same time, the dancers started rehearsals in LA. A few days before the New York concert on November 12th, they finally all met in a studio in New York.

画像


Telisha: That’s when we learned the power of their work ethic. 'Cause usually when you send an artist material, 9 times out of 10 they really don’t go over it or they come in and you can tell they have no idea what’s going on. [JYJ] knew things better than we did. They were correcting us. I remember one day Jun came in and started going like, “No, that part goes here” and we were like “Are you kidding?” (laughs)



From the getgo, Telisha Shaw knew this experience would be extraordinary. "It was just like an establishment of a little family – the JYJ family. We had heard how amazing they are to work for ... but instantaneously when they walked in the room, it all set in." On November 15th, she tweeted "Thank you God/Universe...thus far this is the best gig I've ever had." DBSKnights asked her what made it one of the best gigs:

画像


Telisha: It’s really rare that you get a total package from the artist where a) they act real in front of you, b) they’re not afraid for you to shine around them and just other variables that you really just don’t encounter.
As a whole, from top to bottom, I’ve never worked on a job where there was so much good energy. There was not one negative person or a weak link. Even when people were tired or even, you know, having one of those days where you’re just messing up, there was always this camaraderie, this support.
I’ve danced with Janet (Jackson) in the past, and in all honesty, that was a very high bar. Because of her work ethic and her just being an amazingly nice person. And surprisingly, it got topped. I never thought it would get topped and it did by this experience.




Telisha explained that before October, she didn't know anything about of K-pop and didn't realize how deeply rooted the K-pop fandom is. When the the US tour began, Telisha and the other dancers were shocked by the turnout. 'When we were in New York, we all had friends and family coming to the show and [they] were just like, “Um, the line is a couple of avenues long.” I was like, “No way, you’re exaggerating.”'

画像


Thus followed the whirlwind tour through New York, Vegas and Los Angeles. Directly after the show at the Galen Center in LA, Telisha and the JYJ dancers hopped on a plane for Seoul. (We showered in the USC locker room and then got on the plane. I was like “Whoa, this is so rockstar!” (laughs). Then in Seoul, they began rehearsals for the two day finale on November 27th and 28th.

画像


Telisha: On our first day, JJ lost his voice so everybody was kind of nervous about that. Everybody was getting sick cause you just get so run down. I don’t know if people understood this but the show that Jeri put on in Seoul with his team at Slaughterhouse - usually a show like that takes two months to rehearse. We had nine days to do it together. We knew some of the material just from the US shows but we had brought in additional cast members so that’s teaching them, learning the (new) material and we did all of it in nine days.

In addition to the time crunch, the production was plagued by bad weather. Although the Jamsil Olympic Stadium was covered by a canvas roof for the JYJ concert, the roof was torn and had to be taken down because of snow and hail early in the morning on the 27th. Both the performers and the fans were exposed to the elements.

Telisha: When we rehearsed outside, I had on three pairs of leggings, some tights, three shirts and a down vest. ... To go from that to literally a bustier, leggings, a small skirt and some boots (for the show) and to stand there during the intro - I was like “Oh my God!” There’s ice on the steps, there’s snow on the ground.
When we came off stage, you know, you try to find a portable heater just to warm up a little bit. It came to a point where I couldn't feel my fingers one time. But you just keep going and try to do the best show ever.


画像


Telisha and the JYJ dancers were very impressed by the fans who attended the showcase in Seoul.“This is really fandom right here. Because the fans were like, 'I'm freezing and I'm sitting here watching this entire show.' They were definitely troopers."

DBSKnights: Was there a difference between fans in America and fans in Korea?

Telisha: No, not really. As a whole, their fans are consistent. Whether it’s two thousand or twenty thousand, you’re still going to get that intensity regardless of if it’s in America (or Korea). ... As far as the intensity, and the pride of being a Cassie, there was no difference to me. Across the board, it's a strong support system and I know [the fans] traveled and came from all walks of life. It was amazing to see.

画像


DBSKnights: What was Thanksgiving like in Seoul?

Telisha: It was kind of unexpected. We just walked in. … It was one of those days where we were like, “Is it Thanksgiving here or back home?” We couldn’t figure it out. And finally I was like, “Oh no, it’s Thanksgiving here.” They had taken care of us, getting a turkey – I have no idea where they got this turkey from! We had a pretty nice Thanksgiving dinner.
Jun was teaching us magic tricks backstage. He’s really good with cards and sleight of hand! We were just cracking up, like, “Oh my god!” We couldn’t figure it out. (laughs)

画像


DBSKnights: From your tweets, it sounded like Junsu hung out with the dancers more. Was that the case?

Telisha: JJ and Jun hung out with us the most. ... Micky is amazing at disappearing. Like literally, you could be in a full on conversation and see him across the room and you look again and “Where’d Micky go? Did you see Micky? Where’d he go?” (laughs) He’s so good at vanishing! It’s like he evaporates. I remember at the after party, he did it again. We were just like, “Have you seen Micky? Okay. Wow. He’s gone.”
Definitely Jun hung out with us and so did JJ. JJ was super playful, getting on the aerialist ring and goofing off. It was super funny! (laughs) ... They were just amazing people, amazing guys to work with. Really deserving of everything that they get.

画像


One of Telisha's favorite foods is kimchi, and when the JYJ boys discovered this, they teased her. "They thought I was kidding. But no, I really love this stuff! So every time they came out, they were like, “Teli!” – which cracks me up that they call me by my nickname – and they were like “I see you! Stop eating everybody’s food!” (laughs)"

画像


Telisha talked briefly about the JYJ boys learning English and I was struck by her great respect from them as artists. "I think it’s an extension of them communicating with their fans and having their music come across more clearly to a wider audience," she told DBSKnights. "I think it has to have been hard. … When it comes to verbalizing and expressing yourself, to not be able to – I know sometimes they were getting, you know, a little frustrated because they couldn’t express themselves. That’s what they are, they’re vocalists. But I can definitely see them learning English even better because it will give them another channel for them to reach people with their music.

画像


DBSKnights: Any final words for the fans of JYJ?

Telisha: For JYJ fans, I want to thank them for welcoming me and being such an amazing support group for the boys. They’re really amazing people and really amazing artists to work with. I can’t wait to do it again. I can’t wait to see everybody’s faces again. … I’m so overwhelmed and so overjoyed by the support that they get. And I think it’s really amazing. I loved it, I really did. And I can’t wait to experience it again.

Telisha says, "I’m super geeked to be a newfound Cassie now and so excited that everybody accepted me so well!" Please welcome her at @telishashaw. This December, Telisha will be going in to the recording studio to record with Justin Timberlake's artist Free Sol. We look forward to seeing much more from you, Telisha!

Welcome to the fandom! We're happy to have you!

Rachel@DBSKnights.net



翻訳機でそのままなのですっごい変ですけれど、一応日本語アップしておきます。


ジュンスが一番ダンサーさんの近くにいたのかな。
ダンサーさんたちと合わせる段階でちゃんとダンスを覚え、
さらにダンサーさんたちに指示(修正という訳になってますが)をしたりしたとか。

ソウルコンサートでは、ダンサーさんたちが一番薄着で
本当に寒そうだったのに、頑張ってたなぁと思い出しました。

ジュンと言ってるのは、ジュンスのことですね。
ユチョンはよくいなくなっていたようで(笑)

英語で読んだほうが読みやすいですが・・、ご参考に^^


アメリカでJYJとツーリングやソウルでJYJ世界ショーケースの舞台は熱狂的な新しいて、
CassieにダンサーTelisha Shawさんとなっています。

まだ少し時差ぼけLAに帰国、わずか2日後に、TelishaはDBSKnightsとの電話インタビューすることで合意した。彼女はジェジュン、ユチョンとジュンス(彼女は"ジュンジエ、JJ、ミッキーとJunを"とも呼ばれます)と彼女の経験について共有して興奮していた。過去には、Telishaもジャネットジャクソン、クリスティーナアギレラ、グリーンデイなどのアーティストと踊ったしています。しかし、彼女の経験は、ダンスと彼女の"初恋"に限定されない。 Telishaもテレビに出演している雑草を示しており、これは、フィラデルフィアで最大2ハリウッド映画のステップでは、必ずサニーを見る。Streetsをして、Feliciaている。


DBSKnights:じゃあ、JYJに参加するかどうやって?

Telisha Shawさん:私は私が前に働いていたLAで知人から知っており、彼がランダムに私に電話をかけて、私はこの新しいグループの振り付けは、彼らが作業していた可能性が誰を知っているかどうか尋ねた。私はすぐにジェリ(スローター)と思った。私たちの友情と彼のレパートリーに基づいて、私は彼が、それはアーティストのダンスを含んだ、特にために完璧にフィットするはずと考えた。 ...私は仕事、すべて働いために彼が示唆された。 ... [JYJの管理]は、彼と恋に落ちた。とジェリが乗って来た後、彼はダンサーとしての私をもたらした。 ...かなり簡単なプロセス! (笑)

JYJトリオ韓国で忙しかったように、ジェリスローターはそれらを学ぶために振り付けの映像を送った。同時に、ダンサーLAでリハーサルを開始した。 11月12日に、彼らは最終的にすべてのニューヨークのスタジオで会った日のニューヨーク公演の数日前に。

Telisha:それは我々は彼らの仕事の倫理の力を知ったときです。あなたは、10のうち9回は、彼らが本当にそれ以上行っていないか、彼らが来て、あなたは彼らが何が起こっているか見当がつかない伝えることができ、アーティストの材料を送って、通常原因。 [JYJ]は、物事は私たちがやったよりもよく知っていた。彼らは私たちを修正した。私は一日ジュンが入ってきて"いや、その部分がここに入ります"と私たちは"あなたは冗談ですか?"のような(笑)したような通い始めた覚えている

getgoから、Telisha Shawはこの経験は特別なことは分かっていた。 "それは小さな家族の確立と同じようにした - JYJファミリは、我々は彼らのために動作するようになっては驚くべき聞いていた...しかし、彼らは部屋に入って瞬時とき、それはすべてのインチに設定します。" 11月15日に、彼女は"あなたは神が/ Universe...thusは、これまでは、私が今までで最高のギグですありがとうございます。"つぶやいたDBSKnightsは、最高のライブのひとつになって何を彼女に尋ねた:

Telisha:それはあなたが)、彼らはあなたの前に実際の行動アーティストから、全体のパッケージを取得することは本当に珍しいb)それらを使用すると、その周りには実際には発生しないだけで他の変数を当てると恐れていない。
とても良いエネルギーがあったところ全体としては、上から下へ、私は仕事に取り組んでない。一つの負人や弱いリンクがありませんでした。人々は疲れていたりも、あなたが知っている、あなただけのめちゃくちゃにしている当時のいずれかを有する場合は、必ず、この友情があった、このサポートされた場合であっても。
私は過去のジャネット(ジャクソン)と、非常に高いバーだった正直なところで踊ってきました。彼女の作品のための倫理と彼女はただ驚くほどいい人である。そして当然のことながら、それは突破だ。私はそれが突破になるだろうと思ったことは、それがこの経験によってでした。

Telishaは、10月までに、彼女は、K - POPについての何かを知っていないことを説明し、深くするK -ポップファンダムは、ルート方法を理解していませんでした。アメリカツアーが始まったとき、Telishaと他のダンサーは、投票率にショックを受けていた。私たちがニューヨークにいたとき、私たちはすべての友人や家族をショーに来ていた[彼らは]ちょうど、好きでした"えっと、その行は道長のカップルです。"私はまさか、"ようなものだった、君がいる誇張"'

したがって、ニューヨーク、ラスベガス、ロサンゼルスから駆け足で続いた。 LAでガレノスセンター、Telisha、ソウルの飛行機に飛び乗ったJYJダンサーのショー直後。 (我々は、USCのロッカールームでシャワーを浴びて、次に飛行機に乗った私はのようだった"うわっ、これはロックスターだ!"(笑)。その後、ソウルでは、彼らは11月に2日間のフィナーレ27日、28日のリハーサルを始めた。

Telisha:誰もが不安のようなものだったので、私たちの最初の日には、JJは彼の声を失った。誰もが病気の原因をあなただけのダウン実行されるようになるなっていた。人々はこれをがして、Jeriはスローターハウスで彼のチームは、ソウルに着ることを示して理解かどうかはわからない - 通常ショーのリハーサル〜2ヶ月かかることが挙げられる。私たちは一緒にそれを行うには9日を持っていた。我々は米国のショーだけからの材料のいくつかを知っていた我々は(新)教材は、それらを教えているように、追加のキャストメンバーが持ってきた、私たちは9日間ですべてのでした。

時間短縮に加えて、生産は悪天候に悩まされていた。蚕室オリンピック競技場は、JYJコンサートのキャンバスの屋根で覆われていたが、屋根が引き裂かれ、27日早朝には雪と雹のためにダウンしなければならなかった。両方の演奏家やファンが風雨にさらされた。

Telisha:我々が外のリハーサルをすると、私はレギンスの三組、いくつかのタイツ、三シャツやダウンベスト着ていた。 ... 、文字通りビスチェ、レギンス、小型スカート、いくつかのブーツ(ショーのために)しているから行くイントロの間そこに立ってするには - 私はステップの氷があります"ああ私の神"のようにされ、地面に雪がある。
私たちがステージをオフに来たとき、あなたは少しウォームアップするだけでポータブルヒーターを検索しようとすると、知っている。それは私が私の指を一度に感じることができなかったことになりました。しかし、あなたがちょうど続けると史上最高のショーを行うにしてみてください。


TelishaとJYJダンサーは非常にソウルでショーケースに参加した人に感銘を受けました。"これはダムここは本当にです。ファンは次のようだったので、私は凍結していると私は、このショー全体を見てここに座っています。'彼らは間違いなく兵士でした。"

DBSKnightsは:ある韓国ではアメリカのファンとファンの間での違いでしたか?

Telisha:いいえ、そうでもない。全体として、彼らのファンは一貫している。それは二千〜20千の、あなたはまだそれがアメリカ(や韓国)にいる場合に関係なく、その強度を得ようとしているかどうか。 ...強度、Cassieさんであることの誇り限り、そこには違いが私にした。ボード間で、それは強力な支援体制だと私は[人]が旅してすべての人生の歩みから来た知っている。それを見て驚きでした。

DBSKnights:どのようなソウルのように感謝祭でしたか?

Telisha:これは予想外のようなものだった。私達はちょうどログイン歩いて...それは、当時の一つだった私達はのようだったここで、"感謝祭はここか帰っですか?"我々はそれを理解できませんでした。そして最後に私は、のようだった彼らは七面鳥を得て、私たちの注意していた"ああ、いや、それは感謝祭はここにあるのです。" - 私は、彼らがこの七面鳥を持っていないアイデアを持っている!我々は、かなりいい感謝祭の夕食を食べた。
ジュンは舞台裏私たちに手品を教えていました。彼は本当にカードと手品と良いです!私達はちょうど割れていた、"オーマイゴッド!"と、希望我々はそれを理解できませんでした。 (笑)
Telishaは、英語を学ぶJYJの少年について簡単に話を私はアーティストとして、そこから彼女の多大な敬意を払って心を打たれました。 "私は、それが彼らのファンとのコミュニケーションや彼らの音楽は幅広い視聴者に明確に遭遇した彼らの延長だと思う"と、彼女はDBSKnightsと語った。 "私は難しいされていると...それは、言語化し、あなた自身を表現するになるとすることはできませんしていると思う - 私は、彼らが自分自身を表現することができませんでしたので、多少の不満それはです、あなたが知っている、得ていたも知っている彼らはされ、彼らがヴォーカリストをしています。しかし、私は間違いなくそれは彼らに、彼らの音楽を持つ人々に到達するために別のチャネルを提供するため、より良い英語学習それらを見ることができます。


DBSKnights:JYJのファンのためのすべての最後の言葉?

Telishaは:JYJファンのために、私は私を歓迎してこのような素晴らしいサポートグループに男の子のためにそれらに感謝したいと思います。彼らは本当に素晴らしい人々で動作するように本当に素晴らしいアーティストだ。私は再びそれを行うのを待つことができない。私はみんなのは再び顔を見て待つことができない。 ...私はと圧倒ので、取得のサポートで大喜び。そして、私はそれは本当に驚くべきことだと思います。私はそれを愛し、私は本当にしなかった。そして、私は再びそれを体験して待つことができない。

Telisha"私は今ので、みんながとてもよく私を受け入れことに興奮して新たCassieさんにgeekedスーパーよ!"と話した。彼女に@ telishashawを歓迎してください。この12月には、TelishaはJustin Timberlakeのアーティスト無料ソルと記録するためにレコーディングスタジオに行くことになります。我々は、ありがとう、Telishaからより多くの参加をお待ちしております!

ようこそダムに!私たちはあなたを持って幸せだ!





動画を集めた記事に、ひっそり追加しておきましたが、
ソウルコンサートのリハーサル映像。

【百度3HREEVOICES吧】20101126首尔CON彩排 前线拍摄:WEISI


寒そうななか、頑張ってますね。
この踊り、本番でも凄かったけれどリハーサル映像を見て、
そのハードさを実感してしまいました。。。
↑見たくないかたはスルーしてください。


ニュース記事

★JYJのジュンス、ひっそりとボランティア活動!
http://www.k-plaza.com/news/enter_news_4198



ではおやすみなさい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
JYJ BillboardMagazineのYoutubeサイトtop映像 など 20101207 ふるふる好楽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる