ふるふる好楽

アクセスカウンタ

zoom RSS 「悪夢探偵2」舞台挨拶つき上映 観てきました。

<<   作成日時 : 2008/12/28 01:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

20日は公開初日を迎える映画が多い日でした。
観たい映画はたくさんありましたが、
あまり迷わずに「悪夢探偵2」だ!と思って、
舞台挨拶つきの上映チケットをゲット。ひとりで見に行きました。

1は渋谷公会堂でのイベント形式上映で観たのでした。
恐かったけれど、最後は感動したんだ・・・・、と
感想を聞かれるたびに答えるんですけれど、
その恐さに耐えられないよぅと、大抵の人に言われる・・・。
え〜感動するのに・・・・。


画像

★「悪夢探偵2」
Nightmare Detective 2
2008年12月20日(土)より、シネセゾン渋谷ほか全国順次ロードショー

静謐な恐怖の果てに見える、愛に満ちた美しい物語

湿り気のあるセピアの夢から浮かび上がるのは、亡き母の哀しい記憶。
それは、茫漠とした恐怖に怯える母が、「怖い、怖い…」と、まだ幼かった自分を拒絶する姿。
「何がそんなに怖いの?」「お母さんはどうしてボクを怖がるの?」――。
そんな過去を背負った男は、やがて他人の夢の中に入れる特殊能力をもった
“悪夢探偵”と呼ばれる存在になっていく…。

07年、恐るべき破壊力を持つ作品として世界に向けて発表された『悪夢探偵』の続編が、早くも完成した。
しかしそれは上質なサイコサスペンスのような構造を持った前作の続きではない。
なぜ影沼京一は悪夢探偵となったのか? 
その秘密に迫る“序章”とも言うべき物語。
新たな依頼者である女子学生の悪夢の謎と、亡き母・逸子の死を巡るエピソード。
この2つの物語が同時進行し、やがて一つに繋がるとき、
我々は「怖さ」と「優しさ」が同居した未だかつてない芳醇な人間ドラマを観ることとなる。

画像

原案・監督・撮影・編集:塚本晋也
キャスト:
松田龍平
三浦由衣
韓英恵
松嶋初音
安藤輪子
内田春菊
北見敏之
光石研
市川実和子
画像



映画の後に舞台挨拶でした。


1について、ちょっと忘れかけていた私。
恐さとか。


ずーっと薄暗いダークな映像の中。
悪夢探偵影沼京一(松田龍平)の家族、過去と、
新たな依頼者。
共鳴する何か。

「恐いよ、恐いよ」と何もかもを恐がっていた京一の母(市川実和子)。
「恐い、恐い」と何もかもを恐がる、菊川という少女。

夢なのか、現実なのかわからない、
境界線のない映像が、恐い。
一番恐かったのは、
あのシーンで。
心臓がバックバクしているのが自分でもわかって
「落ち着け〜自分〜これは映画よ〜(;□;)」と
耐えました。
さてどこのシーンでしょう。

しかし、恐かったのですが。

やっぱり。



切なかった・・・・・・・・・・・・・。
(;_;)


恐いよね。
本当に、そんなことがあったら、
世界は恐い。
でも、同時に美しいものもある。


菊川(韓英恵)の顔がずっと見えないのが、
恐かった。
けれど、その顔が見えて、韓英恵ちゃんの顔が見えて、
あああっとほっとした。
そして一緒に感情も見えて、
切なかったのでした。

そばにいるから。


最後のシーンが涙。



舞台挨拶では塚本晋也監督と
松田龍平くん、三浦由衣ちゃん、市川実和子さん、光石研さんが
登場しました。

独特な雰囲気の松田龍平くんは相変わらず。
三浦さんはフレッシュでしたわ。
市川さんのピンクの衣装が素敵。似合ってました。
光石さんは気負いない感じが素敵。
監督は話中、看板にちょこっと隠れたり、お茶目な部分も見せてました。
全員に最近の恐い体験は?という質問がありましたが、
監督が恐いものが苦手と言っていたのが意外でした。
そのほか、印象に残ってるとか好きなシーンは?という質問がありました。
光石さんが、市川さんについて、
現場に緊張してる様子もなく入ってきて、
そのまま(素のような)状態で、演技に入って、普通に恐かったと言ってたのが
なんだか納得しました(笑)。そんな感じがする人ですね。

画像


松田龍平の“変顔”に塚本晋也監督が感謝。「悪夢探偵2」初日
http://eiga.com/buzz/20081222/3
カルトの巨匠・塚本晋也、恐怖の克服には「エッチなことを考えます(笑)」 - 『悪夢探偵2』初日舞台挨拶
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/12/22/nightmare/
「見どころは秘密です」悪夢探偵を演じた松田龍平が映画をアピール
http://www.hollywood-ch.com/topics/08122408.html
これが恐怖の意味?『悪夢探偵2』初日舞台挨拶
http://cinema-magazine.com/program/blog/kanrininblog.php?blogid=1656


悪夢探偵 プレミアム・エディション [DVD]
ハピネット
2007-06-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「悪夢探偵 2」切なく泣けて、とにかく怖い
極上のホラーである。 こんなに切なくて胸を打つホラーは、スティーブンキングの「ペットセメタリー」以来だ。 前作の「悪夢探偵」のようなグロいシーンは1つもない。 わっ!!!と突然出てきて脅かすような、陳腐なホラーでもない。 泣ける。 泣けるが、しかし、怖い。 こわいこわいこわいこわいこわいこわい・・・・・・・・・ 最初から最後までみっちり怖い。 あああああ・・・・・・ちょっとくらい、休ませてくれ〜〜〜っ!!! ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・ジャパン
2008/12/29 00:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ふるふるさん、こんばんは☆
どうかな〜と思って覗いたら、全く何でしょう!?
すっかり同じで再びびっくりです。
素の市川さん怖いですね〜良く分かります。
監督は子供の頃怖がりだったので、その体験を映画にしたようですね。
私は菊川さんのお母さんが一番怖かったー
ふるふるさんの怖かったのは、どのシーンだろ?
最後、感動しましたね。
是非、怖がらないで皆に観て欲しいですね、怖いけど。
ノルウェーまだ〜む
2008/12/28 23:54
>ノルウェーまだ〜むさん
こんばんわ!すっかり同じ映画観てましたね!
ははは。
市川さん、普通でも怖かったですよねぇ。
現場でも(光石さんいわく)
素なのに怖かったそうで。箪笥の上のシーンが
怖かったと言っておりました(笑)。
菊川さんのお母さん役の方、
いるだけで怖かったです、うんうん・・。
私は、エレベーターが・・・。
そう!でも!最後は感動でした。
同じ感想で嬉しいです。
周りには恐がりの人が多いので、
絶対に見てくれなさそうです・・。
ふるふる
2008/12/29 21:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
「悪夢探偵2」舞台挨拶つき上映 観てきました。 ふるふる好楽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる