ふるふる好楽

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「イキガミ」観ました。

<<   作成日時 : 2008/10/26 22:22   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 2

久しぶりに映画館に行きました。
やっとセキもおさまってきて大丈夫そうだったので。
「イキガミ」は早く観たかったので!早速。
コミック「イキガミ」の実写化映画です。


★「イキガミ」
http://www.ikigami-movie.jp/
2008年9月27日、アミューズCQN、新宿オデヲン、池袋シネマロサにてロードショー

画像


人生最期の24時間。あなたは誰のために生きますか?

画像


政府より発行される死亡予告証:通称“逝紙(イキガミ)”。
それを受け取った者は24時間後に必ず死亡する――。
“国家繁栄”の名のもとに。

24時間後に自分自身が、もしくは最愛の人が、
死亡すると知らされたらあなたならどうするだろうか?
そう、このストーリーはあなた自身の物語なのかもしれない。

2005年1月、「週刊ヤングサンデー」誌にて連載開始以来、
原作コミック『イキガミ』は大反響を呼び起こしてきた。
その衝撃的な設定や世界観もさることながら、
そこに描かれる「残りの人生がわずか24時間」であると
宣告された人間自身がどのように逝くのか、
そして、その周囲の友人や家族が最後の時を
どのように生きるのかに焦点を当てた人間ドラマが人々の胸を打ち、
「泣ける」「感動する」との声が続出した。

この秋、極限状態におかれた人々が織り成す
リアルで壮絶な生命の輝きを描く“ヒューマン・ドラマ”が誕生する。

画像


原作:「イキガミ」間瀬元朗(小学館 「週刊ヤングサンデー」連載中)
監督:瀧本智行
キャスト:
藤本賢吾:松田翔太
森尾秀和:塚本高史
飯塚さくら:成海璃子
飯塚さとし:山田孝之
参事官:柄本明
島田:劇団ひとり
田辺翼:金井勇太
滝沢直樹:佐野和真
近藤医師:井川遥
石井課長:笹野高史
滝沢和子:風吹ジュン
画像



感想

原作コミックは読んでます。
現在5巻まで出てますが、全部読んでました。

映画にしたくなるコミックだなぁと思うので、
映画化には(驚きはしましたが)すんなり納得・・。

でも、藤本役が松田翔太だったので、
あら、ずいぶんカッコよくなってしまって・・・と
思いつつ・・・・。


原作では、イキガミを発行する戸籍課はもっと普通の
市役所〜って感じなのですが、
映画では、全体的にスタイリッシュな雰囲気に。
重苦しさを、そしてロボット化されたような「異常さ」を感じさせる雰囲気でした。

ぴっちりと髪型を固めた藤本(松田翔太)が、
言われた通りに、制度に従いイキガミを届ける。
でも、これで良いのか?もっと何か出来ないのか?
疑問はうかんでくる。
そして・・。


泣きました。
やはり・・・。


コミック1巻の「忘れられた歌」がもとになったストーリーは、
気に入っているもののひとつでしたが。
これを映像化するには、あの「歌」が大事であり。
でも、この歌が。
良くて。

これだけで、もう、泣けました。

金井勇太の名演技(名演奏?)が。
地味〜な人のなのに(でもふとした時、かっこよく見える)、
やっぱり上手いね・・・。


この歌を作ったのはPhilHarmoUniQue(フィルハーモユニーク)。
http://www.philharmounique.jp/home/
映画のHPを見ましたが、この歌はこの映画の前(バンド結成当初)から
原型はあったものなんだそうです。
すごくぴったりだったので、この映画のために書き下ろしたのかなと思いました。
プロっぽすぎなくて、荒削りな感じが良いなと思いました。
エンドロールでビックリ、小林武史プロデュース。おう。

早速・・・・買ってしまいました。



国家繁栄維持法という、制度。
これが良いのか、悪いのか。
藤本(松田翔太)を通して、一緒に悩む。

そして、また、
自分がイキガミをもらう側になったら?
とも考える。
18歳から24歳までの間に死ぬかもしれない。
(もう、私はとっくにその歳を越えているけれど)
その時、その1日をどう生きる?

大切な人が、もしイキガミをもらったら?
自分だったらどう一緒に生きる?

私はやっぱりすぐに「母親」の顔を浮かべてしまう。

でも、自分が「母親」だったらどうだろう?
自分の子供が・・・・。

そんなの。受け入れられるわけないんだ・・・。


ただ、イキガミがなくたって、
死は突然、いつやってくるかわからない。
1日の猶予もなく。
突然やってくるかもしれない。
もしくは、宣告を受けて(病気とか)
あと1年、あと3ヶ月。なんてことは、
当たり前にあることなのです。

その覚悟はあるか?
何のために生きる?
どうして生きている?

生きるって事を、考える作品はとても興味を惹かれる。
いつも、考えていたい。
明確な答えが出るわけじゃないけれど、
いろんな人の想いを感じたい。
少しずつだけれど、強くなる気がして。


大切な人の「死」を受入れられるように。
生き続けることができるように。




みちしるべ
OORONG RECORDS
2008-09-24
フィルハーモユニーク

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「イキガミ」映画 泣きっぱなしで・・・・
6月にエキストラで参加してから、首をなが〜くして公開を待っていた映画。 CMでも流れている、『品川駅前の選挙運動中に、逃げ惑う群集』のシーンでは、確かに映っているけど、いったいどこにいるのやら??? そんな漫画が原作の「イキガミ」は、全く想像してなかった涙のあらしで・・・・ ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・ジャパン
2008/10/27 16:50
最近観た泣ける映画:『イキガミ』
またまた前回↓、前々回に引き続き、 http://ameblo.jp/masahikotaira/entry-10154092298.html 最近観た泣ける映画です。 ...続きを見る
⇔ライタータイラ⇔ (Masahiko ...
2008/10/29 18:16
映画:イキガミ 観てきました。
 レイトショーでやっていないので久々に正規料金での鑑賞です。イキガミです。 ...続きを見る
よしなしごと
2008/11/09 02:15
映画「イキガミ」  最後の24時間にあなたは何をしますか?
最近の痛ましい事件を見ていると、仕事に忙しい人間はセクハラに走り、仕事にあぶれている人間は人の死に興味を持つようだ。 その原因を推測すると、核家族化により身近な人の死を経験しなくなったことが原因では、と思うようになっていた。 ...続きを見る
珍竹輪  〜映画とネットとモバイル機器な...
2009/01/16 00:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ふるふるさん、お久しぶり〜
イキガミ良かったですよね。
泣いちゃいました。
でも、終わって出てみると、映画館の入り口にボードがあって、そこに自分の名前を書いて四角い穴から顔を出すと、自分の「逝き紙」が作れるというのが置いてありました。
なんだか悪ふざけだなーと残念な気分になっちゃった。
ノルウェーまだ〜む
2008/10/27 16:46
>ノルウェーまだ〜むさん
お久しぶりです〜。
良かったですよね。
そうそう、エキストラで出演されたんですよね!!
違った楽しみもあったでしょう〜。
色々想像を膨らますと、涙が浮かんでしまいました。
しかし、そのおふざけはちょっと失敗ですね・・。
シリアスな映画なのに・・・。
ふるふる
2008/10/29 00:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「イキガミ」観ました。 ふるふる好楽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる