ふるふる好楽

アクセスカウンタ

zoom RSS 乙一著「死にぞこないの青」実写映画化決定

<<   作成日時 : 2008/04/21 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

仙台レポ、テレビ感想は、ちょっと今日は書けそうになく。
(誰も待っていないかしら・・・・・)
目玉がめちゃくちゃ痛いのでした。
まあ、疲労がたまっているのでしょう。
某原因でお腹も痛かったし・・・。
あったり前です。ちかれた。
でもこれで早退とかしたら、あまりにも遊び人なので、我慢しました・・。
というわけで、書こうと思っていたこちらを。速報(?)!
具合が悪いなら、何も書くなって?

またもや乙一作品映画化!
今度はブラック乙一。

乙一作品は、映画化されまくってますが、
今だ大ヒットはならず。
小説のあの面白さが、なかなか表現しきれないのだ・・。
それなりに良い作品になるのだけれど、
小説を上回らないわけで。
今回はどうなるでしょう?
とりあえず、今までと同じく
ちゃんと観るでしょう(笑)。



★「死にぞこないの青」
2008初夏公開予定



監督:安達正軌
製作:STUDIO SWAN
http://www.imjp.co.jp/
キャスト:
須賀健太
谷村美月
城田優
柏原崇


監督は
乙一作品映画「ZOO」で『SEVEN ROOMS』を担当した
安達正軌監督。
そしてキャストは同じく『SEVEN ROOMS』に出演した
須賀健太くん。
あら。



城田優と須賀健太がイメージ捨てる演技
http://www.nikkansports.com/entertainment/cinema/news/p-et-tp1-20080417-349173.html


原作読んだのは、ずっと前で、
今すっかり内容が抜け落ちています。
早速ごそごそ文庫を取り出す。
もう一回読んでみよう。


小説「死にぞこないの青」
画像

飼育係になりたいがために嘘をついてしまったマサオは、
大好きだった羽田先生から嫌われてしまう。
先生は、他の誰かが宿題を忘れてきたり授業中騒いでいても、
全部マサオのせいにするようになった。
クラスメイトまでもがマサオいじめに興じるある日、
彼の前に「死にぞこない」の男の子が現れた。
ホラー界の俊英が放つ、書き下ろし長編小説。

死にぞこないの青 (幻冬舎文庫)
死にぞこないの青 (幻冬舎文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
乙一著「死にぞこないの青」実写映画化決定 ふるふる好楽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる