ふるふる好楽

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ライラの冒険 黄金の羅針盤」観ました。

<<   作成日時 : 2008/03/09 23:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

水曜日に、書類集めで有休をもらって
時間がぽっかり空いた時間があったので
レディースデーだし!と思って「ライラ」観ました〜。
去年この映画の情報を知ってから、ずっと楽しみにしてました。
ライラが、クマに乗ってるチラシを見て惚れた。


画像

★「ライラの冒険 黄金の羅針盤」
The Golden Compass
2008年3月1日、松竹・東急系にて超拡大ロードショー
全米公開:2007年12月7日
http://lyra.gyao.jp/
配給:ギャガ・コミュニケーションズ、松竹

かつてないストーリー、かつてない世界観、かつてないキャラクター、そして驚愕のラスト。
『ライラの冒険』シリーズが、今、未来への扉を開く!

原作:フィリップ・プルマン「ライラの冒険 : 黄金の羅針盤」(新潮文庫刊)
監督・脚本:クリス・ワイツ
プロデューサー:デボラ・フォート&ビル・カラッロ
キャスト:
ニコール・キッドマン
サム・エリオット
エヴァ・グリーン
ダコタ・ブルー・リチャーズ
ダニエル・クレイグ

2008年3月1日―それは、すべての始まり
「黄金の羅針盤」は、全三作から成る物語の最初の部分をなしている。
この第一作の舞台は、われわれの世界と似た世界であるが、多くの点で異なる。
第二作の舞台は、われわれが知っている世界である。
第三作は、各世界間を移動する。
――原作「黄金の羅針盤」より――

その創造性、大胆さ、そして知性に、私は完全に圧倒された。
この20世紀最高の小説は、映画製作者が望むすべてを提示している。
多くの年月を犠牲にしても取り掛かるべき、最高の挑戦がここにあった。
――クリス・ワイツ(監督/脚本)――

ファンタジー小説の金字塔、完全映画化!!
『ロード・オブ・ザ・リング』の
ニューラインシネマが贈る、究極のトリロジー!
全世界を魅了する運命の少女・ライラの冒険が、今、はじまる。

画像




感想

原作は読んでませんけれど。
(ファンタジー映画の原作をほとんど読んだことがない)

クマのインパクトと、
ライラ役のダコタ・ブルー・リチャーズの
存在感。
それだけで充分だと思っていたのでした。

しかし、私のツボはまだあった。
ダイモン、ダイモン、ダイモン〜。
動物だらけ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。
あう、たまらない・・・。

第1章の舞台は、
私たちの住むこの世界と“非常によく似ているが、どこか異なる”、
幻想的で魅力的な「未知なる世界」。
そこでは、
人間は"ダイモン"と呼ばれる動物の形をした分身と暮らしているのです。
子供のうちは、まだダイモンの形が定まっておらず、
色んな姿に形を変えます。
大人になるとハッキリと定まる。

クマ、クマと私が騒いでいるのは
人間とは違う種族(当たり前か)
よろいグマ族という種族がいるのであります。
あとは、魔女とか出てきます。

素直に観れば、
おそらく、
「わたしのダイモンはどんな姿かしら〜ん」と
夢見ることでしょう。
と言う私も気になります。
更に、
黄金の羅針盤が欲しい〜とか思うのでしょうか。
と言う私もちょっと思いました。

公式HPで自分のダイモンを診断できるのですが、
あんまり考えずに答えたら、トラになってしまったのでした。
Alivinというそうです。
"孤独、柔らかい口調、競争心の強い、謙虚な、内気"と診断されて。



原作のあるファンタジー映画に多い、
"原作読んでいないと、ちょっと展開がわからないかも"
なんてことは、ちょっと無くも無いですけれど、
そんなに混乱することもなく。
ただ、ちょっと展開が早かった気がしました。
でも、全体が長いから仕方ないのでしょう。

クマは思っていたより、ちょっと凶暴だったけれど
クマだから、当たり前かもしれない。
(?)
全部本物じゃないのはわかってますけれど、
迫力ありました。

ニコール・キッドマンが出演していまして、
さすがであります。
その一言で伝わるでしょう。

注目の主役ライラの
ダコタ・ブルー・リチャーズちゃんは、
想像よりも、期待よりも、
良かったっす。
つるつる、まっしろ。ちっちゃいのに
可愛いのに、気が強くてたくましい。
勇気ありすぎるライラにピッタリでした。
衣装も可愛い。


映画のトーンは、
結構暗めで。
私は好きです。これくらいが。
大人も観れるファンタジー。


第2章も楽しみです。
その時まで覚えてるかな・・・。


最近のファンタジー映画は一本で終わらないので
楽しみが増えるけれど、覚えておくのが大変だ。





<AISBN:4102024115>黄金の羅針盤〈上〉?ライラの冒険</AISBN>
黄金の羅針盤〈上〉 ライラの冒険

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私もさっき見てきたところです!!
ちょっと考え事をしながら見てたもので
クマが出てきた時かなりびっくりしました。
迫力ありすぎて考えてた事が吹っ飛びました。

最近は続編ものが多くて覚えておくのが
大変とゆうのすっごく分かります!!
5月にナルニアが公開されるみたいですけど
前回のナルニアを忘れかけています・・
なんならライラとナルニアが
同じような内容に思えてきて
もうすでにごっちゃになってます。笑


きらら
2008/03/10 00:43
>きららさん
きららさんも観られたのですね〜。
考え事していたのなら、びっくりしたでしょうね(笑)。
クマは、予想以上だったので、さすがに私もビックリでしたよう。
続編もの多いですね。
ナルニアも待ってましたが、すっかり記憶が薄れています・・・(;^_^)。ライオンしか・・。
ふるふる
2008/03/12 01:04
ふるふるさん、こんにちは!
ファンタジーお好きなんですね?
私は、サスペンス色が強かったので、楽しめました。
でも、最後の最後に「冒険ははじまったところよ。」みたいな事言われて、ガックリしちゃった〜
3部作とは知らずに見ていたのもあるけど、ファンタジーのこういうとこ、ちょっと…
ノルウェーまだ〜む
2008/03/22 23:45
>ノルウェーまだ〜むさん
ファンタジーが好きと言うよりは、多分「動物」に惹かれているのだと思います(笑)。
ライオンとかクマとか。
ライラ楽しめましたか(^-^)。
確かに、映画のラストに「始まった・・」とか言われると、「ええ〜w(゚o゚)w」みたいな感じですよねぇ。ハッキリ1回で話が終わって欲しいような。
シリーズ(1話完結の)になるなら良いけれど・・・。
すぐに続きが公開されて欲しいです(-.-;)。
ふるふる
2008/03/23 22:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ライラの冒険 黄金の羅針盤」観ました。 ふるふる好楽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる