ふるふる好楽

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「魁!!男塾」観ました。 

<<   作成日時 : 2008/02/03 23:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さっきまで、CDの感想とか書いたのですが、
全部消えちまいました。アップしようとした途端・・。
きー、ビックローブめ〜。さっきから調子が悪いです。
ということで、昨日観た映画の感想を書きます。


10月20日記事作成

結構前から知ってしたけれど。
完成披露試写会があったそうで、
情報が集まったので書きます。
私の好きな榊英雄さんが出演します。
そして日本が誇る(おおげさ?じゃないよね)
アクション俳優坂口拓さん、監督+脚本+出演。



画像



★「魁!!男塾」

2008年早春、シネマスクエアとうきゅう、シアターN渋谷ほか全国ロードショー
http://www.otokojuku-the-movie.com/
http://ameblo.jp/sakigake-otokojuku/

漫画の中の漫画、ついに実写映画化。
1980年代の日本を席巻し、漫画の時代をつくりあげ、
いまも読み継がれる、ベストセラーコミック「魁!!男塾」。
日本男児の教科書と言われる、夢と友情と愛にあふれた物語は、
実写不可能といわれた代物である。

VERSUSで世界を圧倒した坂口拓初監督の、
CG使わないリアルアクション。
本気(マジ)当て+驚異のスピード+美しいフォルム。
だれも見たことのないアクションをくりだす坂口を、
世界の人々は、SPEED MASTERと呼ぶ。
原作のコメディ性も忘れず、
坂口独自の男の美学をつけくわえた、
真のエンタテインメントである。


配給:ゼアリズエンタプライズ

監督・脚本:坂口拓 
原作:宮下あきら「魁!!男塾」(集英社刊) 
企画・プロデュース:日下部圭子 

キャスト:
剣桃太郎:坂口拓
富樫源次:照英
江田島平八:麿赤兒
伊達臣人:榊英雄
飛燕:綾野剛
鬼髭:菅田俊
虎丸:山田親太郎
ナレーション:千葉繁

織本順吉
山田辰夫
矢沢心
中島知子(オセロ)


日本男子の魂と武士道精神を継承し、
真の男を育てるための私塾「男塾」。
今年もまた荒ぶる心に熱い血をたぎらせた一号生たちが、
日本の各地から入塾してきた。文武にすぐれる桃太郎。
無骨な富樫、野生児の虎丸。軟弱男の秀麻呂も、
真の男になってほしいと願う極妻の母に追い立てられ、
いやいやながら男塾の門を叩く。
そこで彼らを待っていたのは、
常軌を逸したシゴキと懲罰、
そして男塾乗っ取りをたくらむ邪悪集団、関東豪学連だった!!



山田優ちゃんの弟くんも出演するということでも
ニュースになってました。
拓さんと榊さんの闘いをまた観れます(☆ワ☆)。


うーん、暑苦しそう(楽しみ)。


そして、もうひとつ楽しみなのが、
主題歌がTHE BACK HORNらしいということ。
銀杏ボーイズや、サンボマスターの曲も使われるらしく、
歌も暑苦しいね(褒めております)。

音楽=曽我淳一(トルネード竜巻)って書いてありました。
目玉飛び出ました。
トルネード竜巻じゃーん!!!!!
ビックリ。
最近ライブ行ってないな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★2月3日更新
レイトショーで観ました。
お客さんはやっぱり男性が多かったような。

原作コミックは読んでないけれど、
アニメは昔観たような。
想像通り、
「熱い!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
映画でした。

コメディ要素が強いけれど、
真剣な「男」同士の戦い。
さすが、坂口拓であります。
監督デビュー作品。

出演もした剣桃太郎役の坂口さんですが、
この映画だと若く見える!!
さすがの動き。アクションスターです。
相対する伊達臣人役榊英雄さん。
久しぶりの本格アクション!
おじさんになっちゃったけれど(大好きです(笑))
迫力は変わらず。
この二人の対決は・・懐かしい。
『VERSUS』・・・。

CGに頼らない、リアルアクションにこだわった
映像に注目。
マジ当てあり・・・。ぎょ。


男同士の闘いだけがテーマじゃなくて
男としての「成長」もテーマ。
塾長が最後に秀麻呂に言うせりふは
なにも男だけじゃない気がしました。

男には、心の中に必ず1本の刀を持っていて、
それを磨くか、磨かないか。

うーん、なるほろ。

ちなみに、坂口さんはインタビューで
「大前提、男とは、闘うために生まれてきたんです。加えて言うなら、女は幸せになるために生まれてきた。闘うのに、理由はない。男が男を認める瞬間。それがこの映画のテーマ」

と語っています。
女は幸せに・・・。ほぅ・・・。


ラストにバックホーンの「刃」が流れ。
これ、こういう映画が好きな人なら
好きな曲だと思うんですけれど!

"立ち上がれ
死んでも譲れないものがある
振り向くな
後ろに道は無い 突き進め"


もちろん最後まで聴いて帰りました。

バックホーン HP
http://thebackhorn.com/

最高に面白いとか、爆笑とか
そういうわけでもないけれど、
こういう映画を、熱く、楽しく
真剣に作っている、
そんな気持ちが伝わってきて
良かったです(^_^)。

原作を知っている人はどうだったでしょう?


あ、飛燕役の綾野剛さん、好きな俳優さんです。
暑苦しい(失礼)男達のなか、
ひとりすらっとクールな雰囲気の飛燕役。
「イヌゴエ」のイメージがあったのでビックリしました。
他の作品も観ようっと。
ちなみにジェジュンと同じ1月26日生まれでした。
綾野剛 HP
http://www.ayano-go.com/


坂口拓 HP
http://www.dongyu.co.jp/mov/index.html


■ニュース
映画『魁!!男塾』初日舞台挨拶であるーーっ!!坂口拓監督「日本で一番熱いバカな映画」
http://www.cinematopics.com/cinema/c_report/index3.php?number=3174
「純度100%、男たちのガチンコのアクションです」坂口拓、『魁!!男塾』を語る
http://www.cinemacafe.net/news/cgi/interview/2008/01/3216/
「彼らのような男の背中を撮りたかった」坂口拓の監督デビュー作「魁!!男塾」
http://eiga.com/buzz/show/10287
『魁!! 男塾』監督・脚本・アクション監督・主演 坂口拓インタビュー
「男が男である理由は、この映画の中にある!」
http://www.varietyjapan.com/interview/u3eqp30000020gk9.html


魁!!男塾 (1) (集英社文庫―コミック版)
魁!!男塾 (1) (集英社文庫―コミック版)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「魁!!男塾」観ました。  ふるふる好楽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる