ふるふる好楽

アクセスカウンタ

zoom RSS 乙一の小説「GOTH」 日本版&ハリウッド版映画化

<<   作成日時 : 2008/12/14 16:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

20081214日更新します。
もうすぐ公開です^^
12月20日初日。舞台挨拶も行われます。
チケット取りました〜。わーい。
HP要チェックです↓
http://www.goth-movie.jp/



→見てきました。感想はこちら↓
http://old88nara88.at.webry.info/200812/article_33.html

2008年10月13日更新
映画情報を更新します。
キャストと公開時期の詳細がわかりました。
公式HPもオープンしています。
書くのが遅くなってしまった・・・・。

主演は本郷奏多くん。
そう、私の好きな。
嬉しや。


2007年10月14日作成記事
さて、乙一作品、映画化たくさんされていますが、
「GOTH リストカット事件」はなんと!!

日本で映画化
プラス
ハリウッドで映画化

両方であります。

凄いです。

あの世界を。

映画に。

難しいぞ。

あの超ブラックさを。

映画に。

難しいだろう。

と、短いコメントバージョンで書いてみました(笑)。
単なる猟奇的人間に、描かないでね。


以下、2008年12月14日更新

画像


★「GOTH」 日本版
2008年12月20日より渋谷シアターTSUTAYAほか全国順次ロードショー
配給:トルネードフィルム
http://www.goth-movie.jp/

君が死にたくなったときは、きっと僕が殺してあげるよ。

GOTH」それは「GOTHIC」の略。
人間の暗黒部分に惹かれるものたちが「GOTH」と呼ばれる。
僕とクラスメートの森野がそうだー。

人間の残酷な面に異常なほど興味を抱く2人の高校生、神山樹(本郷奏多)と森野夜(高梨臨)。他人からは到底理解され難い嗜好を持つ2人は次第に心通わせ、惹かれあってゆく……。
そんなある日、変わり者だけが集うという喫茶店で森野が拾った一冊の手帳―。そこには最近多発している猟奇殺人の一部始終が事細かに記されていた。
「まだ発見されていない犠牲者に会いにいこう。」
森野は神山を誘う。そして現場を見つけた彼女は次に犯人に接触すべく、犠牲者とそっくりな格好で手帳を拾った喫茶店に入ってゆくのだった。
そして森野の死体を夢見る神山は彼女の禁断の過去へ遡る―。



監督:高橋玄
原作:乙一「GOTH リストカット事件」
キャスト:
本郷奏多
高梨臨

松尾敏伸
柳生みゆ
山中聡
鳥肌実
夏生ゆうな
中田圭
長塚圭史
井田國彦
岡村洋一
太田剣
創太郎
神谷美花
画像


画像





★「GOTH」ハリウッド版
監督はT・ペティ
09年全米公開予定
製作:角川映画
全米配給:フォックス・アトミック

見逃せない。



本郷奏多 HP
http://official.stardust.co.jp/kanata/


本郷くんの他出演作品は・・・
「青い鳥」
2008年11月29日〜新宿武蔵野館、シネ・リーブル池袋、他にて全国ロードショー
http://www.aoitori-movie.com/

「K-20 怪人二十面相・伝」
12月20日(土)全国東宝系で公開
http://www.k-20.jp/


<AISBN:4048733907>GOTH―リストカット事件</AISBN>
GOTH―リストカット事件

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
GOTH
「森野が拾ってきたのは、連続殺人鬼の日記だった。学校の図書館で僕らは、次の土曜日の午後、まだ発見されていない被害者の死体を見物に行くことを決めた…。触れれば切れるようなセンシティヴ・ミステリー。」乙一さんのこの作品は、想像するだけでかなりグロいです。好きな人にはたまらない!しかも今年、実写映画化が決定したらしい・・。大丈夫か!? ...続きを見る
お薦め本!!
2007/10/20 09:16
「GOTH」乙一原作 世界観そのままに
ハリウッドでも同時期に制作をしているというウワサを聞いて、心待ちにしていた作品。 ねえねの敬愛してやまない乙一の、特にこの「GOTH」に出てくる主人公は、彼女にとってのバイブルでもあるらしい。 入れ込み度の激しいねえねが、それはそれは大絶賛のこの映画。 世界観は原作そのままで、更にビジュアル的にも美しい、ダークファンタジーとしてはかなりの出来ばえだ。 ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・ジャパン
2008/12/24 17:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
また乙一さん!!
グロイいよね〜、これグロイよね〜
どうするんでしょうね〜〜
ウチには大槻ケンヂ作画のGOTHもあるけど、これで十分グロかったよ。
でも、ようやく(?)黒乙一の登場ってかんじで、ちょっとうれしい。
ノルウェーまだ〜む
2007/10/16 10:27
あ、字間違えちゃった。
大槻ケンシじゃなくて、大岩ケンヂでしたね。
ノルウェーまだ〜む
2007/10/16 10:30
>ノルウェーまだ〜むさん
そうなんです!また映画化です。
でも黒乙一作品で、私もちょっと嬉しいです。
そのぶん、どう変わってしまうのか不安ですが〜。キャストが気になります。
大槻ケンヂ(笑)じゃなく大岩ケンヂの
マンガは読んでないのですが、やはりグロイですか。
確かに視覚的に表現したらば・・・、かなり・・・グロイ?
ふるふる
2007/10/17 23:50
‘大岩ケンヂ‘の漫画は、絵も綺麗で、主役の二人がチョーいいかんじなため、グロイところが薄まって感じます。
でも、腹の中に顔とか、すごいです。
もう、何が何やら…漫画は白黒だからいいけど。
ノルウェーまだ〜む
2007/10/22 23:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
乙一の小説「GOTH」 日本版&ハリウッド版映画化 ふるふる好楽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる